ピクシブ百科事典

ナガンM1895

ながんもでるいちはちきゅうご

ナガンM1895(Nagant M1895)とは、1890年代にベルギーで開発された回転式の軍用拳銃である。
目次[非表示]

ナガンM1895は、ベルギーの著名な銃器設計者であるナガン兄弟によって設計された、7連発の軍用回転式拳銃である。
モシン・ナガンM1891/30などのナガン兄弟が設計した火器はロシア帝国で多く採用されている為、本銃もロシアで設計された軍用銃と認識されがちだが、元設計はベルギーにおいて行われている。
本銃は主としてロシア帝国、ソビエト連邦で使用された。
M1895はロシア帝国で制式採用された年度に由来するモデルナンバーである。

概要

口径は7.62mmと小径であるものの、シリンダーには7発装填が可能であり開発当時の軍用拳銃としては装弾数が多かった。
また、この銃を象徴する機構としてシリンダーとバレルの隙間を塞ぐ特殊機構が備わっていた。
これは、シリンダーギャップを塞ぐことで弱装の弾薬を発射する際に威力を落とさずに発射できるようにする為と思われるが、後にサプレッサーを装着できるようになり本銃を特殊なリボルバーとして一躍有名にした。
撃発機構はダブルアクションで、大日本帝国陸軍二十六年式拳銃と同じく馬上での扱いを考慮しての事であった。
一方で、シリンダーのスイングアウト機構や中折式ではなく、排莢や装填はコルトSAAのように右側のローディングゲートから一発ずつ行う必要があり、1800年代末に設計された回転式拳銃としてはやや時代遅れの感があった。

運用

1895年よりロシア帝国によって制式拳銃となり、日露戦争第一次世界大戦等で使用された。
ロシア革命によって社会主義政権が誕生すると、赤軍ソビエト連邦軍NKVD等が運用者となった。
1933年に後継となるトカレフTT-33が開発されたが、第二次世界大戦が終結した1945年まで使用された

別名・表記ゆれ

M1895

関連タグ

ロシア帝国 ソビエト連邦 日露戦争 第二次世界大戦

この記事のカテゴリ

リボルバー 拳銃 作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「ナガンM1895」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13120

コメント