ピクシブ百科事典

アネモス

あねもす

アネモスとは、『ウルトラマンガイア』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:47m
  • 体重:3万8千t
  • 別名:超空間共生怪獣
  • 出身地:大沼ダム

概要

第8話「46億年の亡霊」に登場。
約6億年前、先カンブリア紀に棲息していた、現在は絶滅しているイソギンチャクのような生命体。戦闘能力は低く、自力ではうねうね動く事しか出来ない。

絶滅こそしているものの、意識だけが幽霊のような存在として現在でも残っており、絶滅を哀れんだアルケミー・スターズの浅野未来の精神に呼応する形で実体化した。
自らの存在を認識する人の数が増えると目覚めてしまい、そのまま放置していればなんの影響もなかったがKCBがその姿を全国に報道してしまった為覚醒した。
地球に選ばれる事を信じどんな環境でも生き延びられる完全生物として進化していたが、一つの種ではそれがかなわないと知ると全く別の能力を持つ種と共に生きるという知恵を得たのだった。
その別の種であるクラブガンと共生関係にあり、アネモス自身にこれといった能力はないが自らの身の危険を感じるとクラブガンを引き寄せる紫色の警報フェロモンを放出する。
この警報フェロモンは大沼ダム近辺の川や街の河川を紫色に染め上げたが、人間や動植物には一切害は無い。これ以外にも口から黄色い誘導フェロモンを噴射することで餌となる生命体を呼び寄せる。

ウルトラマンガイアとの戦いの途中でクラブガンを呼び寄せ、クラブガンの腹と融合することで完全生物となりガイアを苦しめたが、クァンタムストリームで分離させられ、フォトンエッジを受けクラブガンと共に消滅した。

余談

着ぐるみの怪獣としては珍しく、手も足も無い
足元の部分も狭く、ツインテールのように走りまわるといった事も出来なかった為、演出が難しかったらしい。

ウルトラ銀河伝説』でベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣 クラブガン 絶滅
イソギンチャクヤドカリと共生する種類があり、この怪獣のモデルと推測される。
イソーギン・・・・ヤドカリモチーフの相棒とコンビを組む敵繋がり。

関連記事

親記事

クラブガン くらぶがん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アネモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137621

コメント