ピクシブ百科事典

ファミスタ

ふぁみすた

ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から発売されている野球ゲーム。
目次[非表示]

ナムコの野球ゲーム『プロ野球ファミリースタジアム』もしくはそのシリーズの略称。アーケードゲームやPCエンジン・プレイステーションなどで発売されていた『ワールドスタジアム』シリーズも含む。

概要

当初は『ファミリースタジアム(年度)』のタイトルを使用していたが1989年度版からタイトルが『ファミスタ』に変更された。

「ファミリー」はファミリーコンピュータを意識したものであり、上述の通り任天堂ハード以外の家庭用ゲーム機では『ワールドスタジアム』として出されたものが多い。

選手個人にパラメータが設定されており、シンプルな操作方法ながら奥が深いゲーム性であり、ファミコンからスーパーファミコン時代までを代表する野球ゲームである。

作品の特徴としてはナムコのゲーム作品のキャラクターを集めたオリジナルチーム「ナムコスターズ」の存在が挙げられる。俊足のぴの、4番打者のぱっく、エースぴぴなど個性的な選手で構成されている。

pixiv内では『ファミスタオンライン』の選手カード風のイラストなどが見受けられる。

収録チーム・選手

第1作ではチーム名が架空で選手名は実名を平仮名4文字(濁点・半濁点も1文字)以内にした選手が多かった(北別府(きたべっぷ・7文字)→きたへふのように5文字以上の選手は4文字に短縮された)が、その後は権利関係から実名をもじった変名清原→きよすくになった。1992年に発売されたファミスタ'93およびスーパーファミスタ第1作からは日本野球機構(NPB)の承認を受け、チーム名および選手名を実名で収録できるようになった。

第1作ではセ・リーグの6球団をモデルにしたチームとパ・リーグのライオネルズ(西武ライオンズ)が単独チームとして登場していたが、残りのパ・リーグ5チームについては鉄道会社が親会社だったレイルウェイズ阪急ブレーブス近鉄バファローズ南海ホークス)と食品会社が親会社であるフーズフーズ日本ハムファイターズロッテオリオンズ)の連合チームとなっていた(2004年の近鉄オリックス合併がレイルウェイズの実現かと話題になったのはこのためである)。

そのほかにナムコキャラで構成されるナムコスターズ(上述)の合計10チームで構成されていた。'87ではブラボーズ(阪急)が独立し、メジャーリーガーズ(MLB選手のオールスターチーム)。'88では12球団が完全に独立した。

2018年発売のファミスタエボリューション(Nintendo Switch)ではNPB12球団・ナムコスターズだけではなくOBチームや女子プロ野球連合軍・女子ソフトボール連合軍、更にはBCリーグ連合軍や四国アイランドリーグPlus連合軍、東京六大学の各校などが収録されており、選手数は1000名を超えている。

関連タグ

ナムコ:制作会社。

ナムコスターズ:同作に登場する架空の野球チーム。

パワプロ:ファミスタと双璧をなすプロ野球ゲーム。

仮面ライダーエグゼイド:作中に登場する形態の1つに『ファミスタクエストゲーマー』というものが存在する。詳しくは仮面ライダーブレイブを参照。

外部リンク

ファミスタ30周年記念サイト
プロ野球 ファミスタ クライマックス

pixivに投稿された作品 pixivで「ファミスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113401

コメント