ピクシブ百科事典

錬金術師ガラ

れんきんじゅつじがら

錬金術師ガラとは、映画『将軍と21のコアメダル』に登場する800年前に『コアメダル』と『グリード』たちを製作した錬金術師たちの筆頭格の錬金術師の名称である。ここでは配下のナイト兵に関しても記述する。
目次[非表示]

演:酒井美紀、CV/大友龍三郎(怪人態時)

概要

800年前に『』の命により『コアメダル』を制作した錬金術師たちのリーダー格。

グリードたちの誕生に係っていたり、特に強力な『コアメダル』を開発するなど当時天才と謳われるほどの頭脳と才能を持ち合わせていたが、その事を疎んだ『王』により某所に幽閉され封印されていた。

なお、劇中では女性のだが、本来は男性(ここ重要‼別にアレという訳ではない)。
その理由は現代に復活した際、たまたま近くにいた若葉五月という女性の身体を乗っ取り、肉体を失った自身のボディとして利用しているためである(その証拠として劇中彼と呼ばれるシーンや怪人態としての姿の時は声が男性のものに変わっていることが挙げられる)。アンク泉慎吾の関係に近い。

“失われたメダル”といわれる伝説のメダル(爬虫類系コアメダル)と共にドイツの某所にある森の奥深くで眠りに就いていたが、『鴻上ファウンデーション』の発掘作業の影響で現代に復活。

復活の際に大量の『セルメダル』と共に空間を歪めてドイツから日本に移動してきた際、たまたま現場近くにいた若葉五月を自身の体の代わりの器として乗っ取り、ナイト兵(後述)を繰り出して、映司アンク、そして様子を見に来ていた他のグリードたちから『コアメダル』を奪い取った。

その目的は自身を『コアメダル』の力を使って“無限を越えた存在のオーズ”(真のオーズという事か?)へと昇華させ世界を滅ぼして新世界を創造し、その世界の支配者に収まる事である。

なお、800年もの過去からどうやって2011年まで存命だったのかは不明であるが、恐らくの状態でその場に留まっていたか、錬金術を駆使して延命措置を行っていた。あるいは『爬虫類系コアメダル』に自身の意思を投影していたかの何れかだと推測されるが、詳細は不明である。

復活後、800年もの月日を得ても全く減るどころか、寧ろ以前より増えている人間の欲望を憂い、更に人々の欲望から新たなメダルを制作し、世界を終末へと導くことで新世界を創造する世界の王に君臨しようと画策。

手始めとして使い魔ベルを創り出し、人々の欲望を『セルメダル』へと変換して世界終末の準備を推し進めていき、現代と江戸時代都市の一部、恐竜時代へと土地の一部を次々に入れ替えていく。

そして今だ手に入れていない自身が世界の王へと昇華するのに必要不可欠なツールである『コアメダル』を入手する為に鵺ヤミーを制作して解き放ち、アンクから『鳥系コアメダル』を奪ったのに続き、映司の中にある『恐竜系コアメダル』を奪おうとするが、徳川将軍家にヨーロッパ王家から贈られた『爬虫類系コアメダル』が存在していた為、鵺ヤミーは撃退されてしまう。

更に鴻上の挑発に乗ってベルに映司の欲望を解放させる『チャンスタイム』と称して問い掛けを行うが、その結果によって解放されたあまりにも膨大な映司の欲望の量に世界を終末へと誘い装置が破壊されてしまったため、せっかく入れ替えた世界が元に戻ってしまったため激昂。自らの手で世界を終末へと誘うために怪人態の姿となって直接映司たちに対決を挑む。

怪人態

ガラの戦闘形態にしておそらく現代に蘇ったガラの本来の姿だと推測される“疑似グリード”

憑依した若菜の肉体(ガラ曰く“棒”)を『コアメダル』の代用品とする事で本来のグリードに近い姿となっており、中世の錬金術で用いられる蒸留器をモチーフとした人型のワイバーンの様な容姿をしている。その為、カザリが生み出すネコ科系統のヤミーと同じく、若菜が人質となっているような状態のため、迂闊に攻撃できないという状態になっている。また、名言はないが彼こそが爬虫類系グリードに当たる存在だと推測されるが詳細は不明。

凄まじい攻撃力を誇っており、両腕を伸ばして鋭い爪を使って攻撃し、硬い鱗で覆われた体は『メダジャリバー』や『メダガブリュー』も通じない程の強度を誇る。

これらの能力を駆使してオーズを追い詰め苦戦させるが、オーズによって憑依していた若菜が救出されてしまった上に唐突に空から降って来た闖入者の仮面ライダーフォーゼの介入により形勢は逆転。
フォーゼの『ライダーロケットパンチ』で殴り飛ばされ、更に彼の『ライダースイングバイ』アシスト(?)を受け、勢いのついた『トラクロー』を喰らい自身の本拠地であるまで吹っ飛ばされてしまった。

しかしそれでも存命していた彼はフォーゼの去った後、唖然と彼を見送っていたオーズの隙を突き、背後からの不意打ちで映司の『恐竜系コアメダル』を抜き取ることに成功。
その力を利用して更なる姿へと超進化を遂げ、オーズたちに最後の戦いを挑む。

怪物態

ガラの最終形態。

怪人態の姿で敗れたガラが奪い取った21枚に『コアメダル』の力を吸収し、更に大量の『セルメダル』を吸収して巨大なワイバーンのような姿へと変貌した姿。

人としての理性を失っているかは定かではないが、傍目にはただのような咆哮を上げ、目の前の敵を排除する怪物と化しているように見えるが詳細は不明。

巨大な体躯から繰り出される圧倒的なパワーやから放つ放射火炎などでオーズとバースを追い詰め、“このままでは自分たちも危ない”と感じた他のグリード(ただし真木はそもそも世界の終末を望んでいるため、協力はしていない。ただし無理やり協力させられたかのような描写は存在する)たちが協力し、その際にウヴァから提供された『コアメダル』で変身したオーズガタキリバコンボの攻撃を受け、アンクの『コアメダル』を吐き出すが、それでも圧倒的な力を見せ付けた。

しかし、他のグリードたちの『コアメダル』を“ガタキリバが創り出した分身達が使う”という方法で全8コンボが揃い踏みし、最後はバースの『ブレストキャノンシュート』を受け怯んだ隙に放たれたオーズの全コンボの必殺技を同時に受け爆散。
砕け散った肉体は『セルメダル』へと還元され消滅した。

ナイト兵


ナイト兵

ガラ配下の下級怪人。セルメダルで構成されている事からも分かるようにヤミーと同じくセルメダルの塊が意思を持った存在。その名の通り中世ヨーロッパの歩兵のような姿をしている。両刃剣で敵を攻撃する。
人海戦術を得意とするが、生身の強いオッサンにあっさり蹴散らされる程度の戦力。
その後、スーツは仮面ライダー平成ジェネレーションズのドラル配下のバグスターウイルスのコスチュームの1つになっている。

関連項目

将軍と21のコアメダル グリード(仮面ライダーOOO) 錬金術師 コアメダル 先代オーズ 仮面ライダーOOO
仮面ライダー邪武→本来は男性だが、女性の体を乗っ取り活動していた繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「錬金術師ガラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 732

コメント