ピクシブ百科事典

ミツクリザメ

みつくりざめ

深海に生息し、ネズミザメ目ミツクリザメ科ミツクリザメ属に分類される唯一の種。
目次[非表示]

概要

学名はMitsukurina owstoni、英名はGoblin shark。別名としてテングザメと呼ばれることもある。
学名は日本の箕作佳吉と発見者アラン・オーストンにちなむ。
英名のGoblin sharkは、捕獲された際の姿がゴブリンを思わせる為についたとも言われ諸説ある。詳しくは→ゴブリンシャークを参照。
大きく突き出した鼻先と大きく突出する顎が特徴。
全長は最大6mを超えるとも言われている。食性は硬骨魚類、小型のサメ、イカカニエビなど。

分布

日本オーストラリアアメリカなどの太平洋沿岸、スペインブラジルギニアといった大西洋沿岸、南アフリカなどインド洋沿岸の深海から報告があり、世界中に生息域が分散していることから、生息域は広範囲に広がっていると考えられている。
捕獲数が最も多い日本では相模湾駿河湾に多く、茨城県沖が最北。

生態

顎が突出するのは口の前方に大きくせり出している鼻が捕食の際に邪魔にならないようにする為の鮫類特有の機能(この種ほど大きく前に出るのは稀)であり、当然普段はちゃんと収納されている。その為、ごく偶に生きたまま捕獲されて泳いでいるものの姿を見ると意外と地味である
口を飛び出させ、獲物を捕獲し元の形に戻るまで、およそ1.4秒。
深海性故に生態については多くが謎に包まれている。これまでに捕獲された個体も少ないため生態の解明は難航している。生殖に関しては他のネズミザメ目のサメと同じように、未受精卵を食べるタイプであると考えられているが、証明されていない。
生きているときは灰色っぽい薄いピンク色で、死後灰色や褐色、栗色といったくすんだ色になる。
捕獲されたものは貴重ということもあり剥製標本にされたり研究に使われるが、極稀に水族館などで一般公開されることがある。


余談

怪獣映画「ガメラ対深海怪獣ジグラ」に登場する深海怪獣ジグラのモチーフと言われている。

関連タグ

ゴブリンシャーク

pixivに投稿された作品 pixivで「ミツクリザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91448

コメント