ピクシブ百科事典

概要

デボン紀石炭紀に生息していた軟骨魚類
板鰓類とされる事もあるが、最近では全頭類に含める考えが主流となっている。
学名は「胸の脊椎」の意味で、胸の背中側に生えている突起を表している。

背中に生えている突起は背鰭が変化したもので、上部は平らで細かい棘が生えている。
これはオスだけの特徴であったとみられ性的ディスプレイとする説が一般的だが、コバンザメのように大型の海洋生物に吸着するためのものという説もある。
また、頭にも細かい棘があるが、これと背鰭が一つの大きな口に見え、敵を遠ざける役割があったと考える学者もいる。

関連タグ

関連記事

親記事

全頭類 ぜんとうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ステタカントゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 468

コメント