ピクシブ百科事典

ハンマーストライク

はんまーすとらいく

ハンマーストライクとはトランスフォーマーシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

いずれもシュモクザメに似た姿をしている。

ビーストウォーズリターンズ」のハンマーストライク

玩具限定キャラクターであり、本編には登場しないサイバトロン(マクシマル)戦士。
ビーストマシーンズキャラの例に倣い、メカニカルなシュモクザメに変形する。武器はシュモクザメの頭部から変形するクロスボウ。

トランスフォーマーアドベンチャー」のハンマーストライク

ハンマーストライク


CV:デビッド=ケイ(日本語版:蜂須賀智隆
水色潜水艦に変形。シャークティコンと呼ばれるディセプティコンの一種。
ロボットモードは手足の生えたシュモクザメというややアンマリな姿であるが、これは元ネタとなるシャークトロンの容姿をオマージュしたものとなっている。戦闘はもっぱら肉弾戦で、オイルに塗れた床で足を滑らせるバンブルビーとグリムロックに対し、オイル塗れの床にあっさり順応してみせるなど、見た目に依らず動作も軽快である。
口癖は「シャーック!」。鮫だけに。

サイバトロン星では仲間と共に粘り気のある海で暮らしていた。サイバトロン星最強の海賊を自称しており、いつかは海の王者となることを目標としている。

第三話から登場。アルケモア号から脱獄した後は手始めに地球の海を支配しようと、自分に有利となるよう故郷サイバトロン星のような粘り気のある海に似た状態に変えるためにタンカーを襲撃。タンカーからのSOSを察知したバンブルビーグリムロックと戦闘を展開したが、海上警備隊にバンブルビーが気を取られたスキを突いて逃走。

その後は無人石油精製所に侵入していたが、そこにやってきたバンブルビー、グリムロックの連係プレーによってサバ缶…じゃなくてドラム缶の中に詰め込まれてしまい、再びステイシスポッドに投獄された。

潔癖症

陸に上がることを「恥」というまでに嫌っており、陸生生物を「間抜けな陸の生物」と見下している。
「お前の土の匂いが移っちまったじゃないか……」

また劇中でもバンブルビーに指摘されていたが、大柄な体格で最強の海賊を名乗っているくせに細かい事を気にする神経質な変人。ツッコミどころのある台詞が多く、第三話だけでも下記のような迷言を発している。
「よくもこの私に、無理やり立って歩かせやがったな……陸の生物みたいにお馬鹿な真似を!」(なら何故手足がついてるのか)
「離しやがれ! 尾びれに手垢がつくだろうがァ!」(ロボットに手垢?)
「車なんぞに変形するとは、汚い手使いやがってー!」(TFのコンセプト全否定である)
「海が帰って来いと呼んでいるゥ!」(もはや妄言の領域)


関連項目

トランスフォーマーアドベンチャー
ディセプティコン
シャークトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンマーストライク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18566

コメント