2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

手塚治虫の海洋冒険物語。元々「青いトリトン」という題名でサンケイ新聞に連載されていたが、アニメ化に伴い海のトリトンに改められた。

ストーリーはトリトン族最後の生き残りトリトンと、海を荒らし回るポセイドン族との対決が中心で、漫画版とアニメ版では結末が違う。

アニメ版

アニメ版は1972年4月から9月にTBS系列で放送された。
西崎義展がプロデューサー、富野由悠季が初めて監督を務めた。日本のアニメ史に残る名作とされており、根強い人気がある。本作は初めて女性がファンクラブを作った少年向けアニメとしても知られている。
手塚治虫にしては珍しく制作にノータッチだった作品で、手塚本人も”アニメと漫画は別物、自分は原作者でしかない”と読者に述べている。この後富野監督は手塚プロから出入り禁止を受けたらしい。
これについて富野監督は、「手塚本人はトリトンを失敗作と見ていたので、ストーリー改変も任せてくれたのではないか」と回想している。
なお良く勘違いされがちだが結末の改変は西崎Pによるものであり、富野はそれに賛同した形らしい。小説版は若桜木虔が手掛けた。

テーマソング(OP)は甲子園でもよく応援歌として使用される。

あらすじ

洞窟に捨てられていた赤子・トリトンは、人間に拾われで育っていく。しかしある日、白いイルカルカーから、自分が「トリトン族」の末裔である事を明かされる。トリトン族はを支配するポセイドン族に迫害され、更にポセイドン族は地上の支配を目論んでいると知ったトリトンは、ルカーに乗りポセイドン族と戦う。

主人公・トリトン

BSでやってた


(cv:塩屋翼
人魚トリトン族の末裔。男性なので人間と同じ姿をしているが、髪は緑色。
赤ん坊の頃人間漁師に拾われ育てられた。水中でも呼吸が出来る特殊な体質と、オリハルコンの短剣(アニメオリジナル)を武器にポセイドン一族と戦う。
原作にはオリハルコンがないので普通のナイフで戦っている。
ルカーという天才イルカと共に七つの海を冒険するイルカに乗った少年

原作版デザインは『フィルムは生きている』の主人公・宮本武蔵少年の流用。
アニメ版デザインは『ブラック・ジャック』第75話「ハローCQ」では盲目の少年トム役で登場する。

トリトン族とは?

要するに人魚と呼ばれる種族。女性は人魚型だが、男性は人間に近い二本足を有しており、髪の色以外は全く人間と区別できない。
元々アトランティス大陸の住人でれっきとした人類であったが、同じく人類から進化したポセイドン族との戦争に敗れ、海に逃散した。
海に適応した種族なので水中でも活動可能で、寒さにも強い。
原作設定では卵生で、カモノハシのように子供は母乳で育てる(たぶん)。また、人間と違い成長曲線が極端に歪で、昆虫のように数時間で人間における数年分もの成長を遂げる(その間はほぼ昏睡状態)一方、若い期間が長い。

関連イラスト

バキューラ
センシティブな作品



関連タグ

手塚治虫 富野由悠季 アトランティス大陸 
ギリシャ神話 海神 半神 トリトン

ふしぎの海のナディア七つの海のティコ:同じく海洋冒険アニメ。
天海護:主人公をモデルにし米たにヨシトモのイメージメモから浮かんだ人物。

関連記事

親記事

手塚作品 てづかさくひん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「海のトリトン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「海のトリトン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 416373

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました