ピクシブ百科事典

ヒボドゥス

ひぼどぅす

ペルム紀後期~白亜紀後期に棲息した絶滅種の鮫。ヒボダスとも。

概要

ペルム紀白亜紀に生息した古代ので、その名は「瘤のある歯」を意味する。世界各地ので繁栄した最も成功した種で中生代を代表する鮫である。体長は2mほどとされる。

外見は現生の鮫に似ているが、の構造は違うようである。ヒボドゥスのは2種類あり、前の鋭い歯は獲物を捕らえるためで、奥の尖っていない歯はを砕くためと考えられている。から貝類甲殻類と様々なものを捕食したと思われる。またには頭に棘状の物が伸びていた。

関連タグ

 ペルム紀 ジュラ紀
白亜紀

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒボドゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント