ピクシブ百科事典

トラフザメ

とらふざめ

トラフザメとはテンジクザメ目トラフザメ科トラフザメ属に属する唯一の種。
目次[非表示]

概要

トラフザメ


学名をStegostoma fasciatum、英名はZebra shark
ジンベエザメのような隆起線を持ち、黄色っぽい身体にヒョウ柄模様、オナガザメのような長い尾鰭が特徴。
全長は最大で3.5mに及ぶ。

分布

主にインド洋の熱帯・亜熱帯沿岸域に分布し、紅海南シナ海、西部太平洋、熱帯・亜熱帯の島嶼や沿岸部にも生息。大西洋には生息していない。
サンゴ礁に多い。
日本では沖縄県周辺の海域に多い。
深くても水深60m程までしか潜らない。

生態

夜行性で昼間は海底で休んでいる。
夜間に硬骨魚類イカタコ類、甲殻類を探し回り、吸い込むようにして食べる。そのためか口は体に反し小ぶりで、歯も小さく目立たないため、正面から見るとどことなくウサギネズミを思わせる形をしている。
胸鰭は筋力が発達している。
生殖方法は卵生で、長さ約20cmの黒っぽい卵を産む。卵は繊維質の物質で海底に固定する。
サメの仲間では3種類、卵生の種類では本種しか確認されていない、単為生殖を行う種類である。
長い尾鰭の役割は全く分かっていない。

名前

和名のトラフは成魚の柄が虎斑模様に見えることからそう名付けられた。
英名のZebra sharkは幼魚の模様である、シマウマのような横縞が由来。

ょぅぎょ



人との関わり

生息地域では、食用として利用される。
飼育も比較的容易で、水族館のサンゴ礁にすむ熱帯魚水槽などでツマグロなどの他の鮫と共によく飼育されている(都内でならサンシャイン水族館アクアパーク品川などにいる。ちなみに上述通り大抵は底の方でじっとしていることが多いが、鴨川シーワールドトロピカルアイランドにいるトラフザメは餌やりイベントがあるからか昼からアグレッシブに泳ぎ回っている)。
個人でも飼えないこともないが、3mを超えるのでそれ相応の設備を用意・管理できる上級者向け

関連タグ


ジンベエザメ…かつて同じ科に入れられることもあった。系統的にも近い種類。

pixivに投稿された作品 pixivで「トラフザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4406

コメント