ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウサギ科とは、哺乳類ウサギ目の中の動物の分類群である。
うさぎ」と呼ばれる種類の多くが属する。

生態

長いとずんぐりとした愛らしい外見が特徴。
基本的に草食性で、種によっては穴を掘って巣を作り、そこで小さな群れを成して暮らす。
発達した後ろ足で飛び跳ねるように走り、速力は時速60~80kmとなかなかのもの。
もともと臆病で神経質なため、ストレスに弱い一面もある。

長い耳は見た目通りに聴力に優れ、特に左右共に前後120度ほど回転するため、広範囲の音を拾うことができる。
また血管が集中しているため、体温調節の機能も持つ。
アナウサギは人間と同じように年中の繁殖が可能。

俗に「さびしいと死ぬ」と言われるが、実際は縄張り意識がとても強い動物で、基本的に単独での暮らしを好む(アナウサギのように群れで暮らす種もいる)。
そして、そういった単独生活を行う種のウサギは近づいてくる別の個体を全力で追っ払う。

声帯はないが食道を鳴らして「鳴く」ことができ、「ブッブッ」などと音をたてる。
また腹を立てたときなどに足を踏み鳴らして感情を表現することもある(ウサギの愛好家には「ダンダン」とよく表現される)。

毛の色は、野生種では褐色であることが多く、種類によっては冬毛が白くなり、上で保護色になる。
飼育種は白・黒・灰色・茶色など、様々な色が存在し、模様がある品種も存在する。
日本では白に赤目(アルビノ)がポピュラーだが、欧米では原種に近い茶色や灰色が一般的。

ノウサギとアナウサギ

ウサギ科にはいくつかの属があるが、特にノウサギ属とアナウサギ属の種類が広く知られている。
ノウサギは地表で単独生活し、耳や足は長い。ノウサギ属にはいくつかの種がある。
アナウサギは巣穴を掘り集団生活し、耳や足は短く、年中繁殖する。1属1種。
カイウサギはアナウサギを家畜化したもので、アナウサギの特徴を受け継いでいる。
日本では野生のノウサギ類としてニホンノウサギ(本州・四国・九州)、ユキウサギ(北海道)が生息する一方で、飼われているのはアナウサギである。
なお、アマミノクロウサギ等、ノウサギ属でもアナウサギ属でもない種類もある。

日本語ではノウサギとアナウサギは区別されないが、英語ではアナウサギ系はRabbit、ノウサギ系はHareと区別されている。なお、Bunnyは「うさちゃん」(幼児語)。
ちなみに、時計ウサギはラビットで、 3月ウサギがマーチ・ヘイア。

人間との繋がり

太古から人の食糧の一つとして、狩猟対象となってきた。
日本でも狩猟の対象とされており、徳川家康の先祖が流浪時代に兎肉を振舞われたという言い伝えもある。
欧米では今でもウサギの肉は高級料理の材料であり、ウサギ狩りも文化的なスポーツの一種として扱われてきた。ピーターラビットのお父さんもうさぎのパイになっている(ピーターラビットオフィシャルウェブサイト/キャラクター紹介)。
ウサギの足は“幸運の証”とされ、脚先の毛皮を御守りとして持つ習慣もある。
また比較的に大人しく、アナウサギを改良したカイウサギペットとして飼う習慣が根付くようにもなる。
のちに学校でも生き物の飼育を体験するために、ウサギ小屋を施設して面倒をみることが一般化していった。
一方で、農作物を荒らす害獣としての側面も持つ。後述する繁殖力の問題もあり、天敵のいない場所で野生化すると大変な事になる。

また用意周到にをめぐらし逃げ込むことから狡猾な(あるいは聡明な)キャラクター付けをされることがある。これは古くは古事記の「因幡の白兎」や「かちかち山」のウサギ、近年ではバッグス・バニー因幡てゐなどにも反映されている。

繁殖力が強いことから古代ギリシアでは両性具有の動物と考えられたり、また外見の印象からか女性的なイメージで語られることが多く、擬人化の際も女の子として描かれる傾向があるようだ。
日本では「耳が鋭く、素早い動物」として、戦国時代の前立てのデザインに使われていた事がある。

ウサギっぽい美少女からデフォルメされたキャラクター、リアルな模写まで様々なウサギのイラストがあなたの帰りを待っています!!

ウサギ科一覧

ノウサギ系Hare


アナウサギ系Rabbit


その他


関連タグ

哺乳類 ウサギ目 うさぎ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウサギ科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 927

コメント