ピクシブ百科事典

概要

最大全長は150cm。細身で、身体にぶち状の斑点や暗い色の帯があるのが特徴。
太平洋北西部沿岸、日本の南北海道以南、朝鮮半島、台湾、東シナ海にかけての沿岸に生息する。
比較的水深の浅いところを好み、岩礁域や藻場にも現れる。海底近くを泳ぎ、遊泳力は強くない。しばしば海底で休んでいる姿が見られる。河口など比較的低塩分の環境にも耐える。
主なエサは小魚や甲殻類、その他の底生生物。

おとなしく、人間を襲うことはないことに加え、飼育しやすいため全国の水族館で見ることができる。水族館によってはふれあい体験コーナーでさわることもできる。稚魚はペットとして販売されることもある。(だからといって過剰な接触は鮫にストレスを与えるので、その辺は配慮するように)
2016年に富山県魚津水族館にて、雌しかいなかった水槽内で幼魚が2匹生まれ、このことから単性生殖を行う可能性が示唆されている。

卵黄依存型の胎生。5-7年で成熟し、10-24尾の子供を産む。
漁業の対象にはならないが、肉はくせがなく味わいも淡いとして好まれるという。

2017年7月19日に茨城県日立市の久慈浜海水浴場にサメ約30匹が現れ、日立市は20日は安全確認のため遊泳禁止としたが、アクアワールド県大洗水族館の調査の結果、本種であることが確認され、事態は収束に向かった。

なお、メジロザメ目には○○ドチザメとついた鮫がいくつかいるが、本種とは別の科として扱われる種類が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドチザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158

コメント