ピクシブ百科事典

ゴライアス・タイガーフィッシュ

ごらいあすたいがーふぃっしゅ

ゴライアス・タイガーフィッシュとは、ピラニアの仲間で人食い魚として知られている。

概要

アフリカ中央部に位置するコンゴ民主共和国のコンゴ川にだけ生息する大型肉食淡水魚
世界で最も危険な淡水魚の一角として知られている。
現地ではムベンガという名前で知られている。
熱帯魚飼育者の間では『ゴリアテタイガー』とも呼ばれている。

カラシン目のアレステス科に属するタイガーフィッシュと呼ばれるの仲間で、その中でも最も大型になる種。
つまり、ピラニアの仲間
そもそもタイガーフィッシュという名前は、体にシマ模様が入っている事から、地上の肉食獣トラに例えて付けられたとも。

ピラニアの仲間なので歯があるが、大型のゴライアス・タイガーフィッシュは不自然と思えるほど大きく歯が成長する為、常に牙をむき出した状態である。
かなりの臆病者で知られているピラニアと違い、この種類は極めて獰猛で、人間を襲い、殺害したという事故がコンゴで何件も報告されている。
一度食らいついたら肉を食いちぎるまで離さず、咬まれる場所が悪ければ一瞬であの世行きと言われ、極めて恐ろしい殺人魚でもある。

尚、恐ろしい牙を持つゴライアス・タイガーフィッシュだが、これでもアフリカの生態系の中で生き抜いていく為、まるでモンスターのような姿に進化を遂げた種族ともいえる。

関連タグ

淡水魚
ピラニア
危険生物

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴライアス・タイガーフィッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 923

コメント