ピクシブ百科事典

マンチニール

せかいさいきょうのき

マンチニールとは南米などに生える木である。
目次[非表示]

分布


トウダイグサ科に属する樹木で北米南部から南米北部を原産とする。
名前はスペイン語の(小林檎の木)を意味する。

カリブ地方やフロリダ州バハマ中南米でよくみられる。

特徴


常緑樹で高さ15mにまでなる。樹皮は赤灰色、花は黄色、葉は緑色
果実の形は林檎に似ているため「小林檎」という名前がある。
沿岸でマングローブ状に存在しており、根は砂を安定させ
砂浜の浸食を防ぐ天然防風林となっている。
そのためか「ビーチアップル」という異名を持つ。



近づくはタブー


この木のある場所には「近づくな」と言う看板が立てられている(一部例外)。
というのもこの木は全身に猛毒を持っているため。

林檎の果実は食うと甘いが時間がたつにつれ口とのどに炎症を起こし
何も食べられなくなるという。毒林檎は実在したのだ。

また、雨に濡れようなら毒液となって染み出ており
雨でないときでも樹液や樹皮には毒があるので
昔は罪人を縛り付け、にじみ出る毒で苦しめていたともいう。
また、先住民族はこの毒を矢に塗って戦闘に使ったとも。
また、火をつけようものなら煙に交じって毒ガスと化し状況は悪化するだけらしい…

利用方法


毒の元である樹液を乾燥させて木材に用いることもできる。
また、実は乾燥させて利尿薬にでき、ゴムもとれる。
恐ろしき樹木も先人の知恵が有効利用もできることを教えてくれたのだろう。

余談


・フロリダ州では絶滅危惧種に指定されている。

・異名は「死の林檎」「死の木」「ビーチアップル」「死の小林檎」

・毒の成分はわかっていない。

関連項目


植物 猛毒 

スベスベマンジュウガニ・・・こちらは動物で全身に猛毒を持つ。

関連記事

親記事

植物 しょくぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンチニール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382

コメント