ピクシブ百科事典

異能生存体疑惑のある人物一覧

どうやってころすんだこいつら

アニメ『装甲騎兵ボトムズ』における「異能生存体」に該当すると思われる存在の一覧。
目次[非表示]

※追加する際は、それが異能生存体の定義を満たしているかを検証し、そうだと判断するに足る理由を第三者にも理解できるように明記するか外部リンクを設置してください。

なお、キリコ・キュービィーに関しては、疑惑があるというレベルではなく、明確に異能生存体そのものであるため、除外する。

創作上の人物

  • エイリークアーマード・コア ヴァーディクトデイ
    • 実力こそ大したことは無いが、過去に発生した紛争のことごとくに参戦してはその都度生還を果たしているという歴戦の傭兵。
    • ゲーム中では暴走状態のUNACの大群を排除するために主人公と共に雇用されるが、UNACの数の暴力の前には為す術が無く機体は爆発炎上。乗機の右腕をもがれた挙句トドメは豪快に蹴っ飛ばされるという見事なまでのフクロっぷりに彼の人生もこれまでと思われたが、ミッションクリア後のレポートでは何故か生存が確認、この並外れた生還能力が傭兵斡旋組織サインズの目に留まった事で各種性能試験(テストモード)での相手役としての仕事が特別に斡旋されるに至った。
  • オメガ11エースコンバット04)
    • ゲーム中高確率で撃墜される友軍機のパイロット。だが、完全に敵地での作戦でも次のミッションには必ず参加しているが、完全に敵地での作戦でも次のミッションには特に説明も無く必ず参加しており、酷いときには同じミッション内で複数回撃墜される事すらもある。エースコンバット中対人戦及び地上戦最強のパイロットであると思われる。
  • 加賀城雀楠芽吹は勇者である
    • 本人は至って臆病な人物で、実力も32人の防人の中では最弱。ただし、度々無自覚な生存能力が発揮されており、3人を死に至らしめた相手の攻撃に自ら飛び込んでも無自覚に防ぎ切って自分どころか味方全員をも生き残らせた活躍から、一部ファンから異能生存体呼ばわりされている。
  • 風鳴弦十郎戦姫絶唱シンフォギア
    • 曰く「男の鍛錬は食事と映画鑑賞と睡眠だけで十分」だけで日本の安全保障に危険を孕ませる様な力を習得。近似値かどうかは要検証。
  • 風間真エリア88
    • 親友の神崎の策略でアスラン王国の外人部隊に入隊させられ、神崎への復讐と恋人の涼子との再会を果たす為に違約金150万ドルを稼ぐべく戦いに明け暮れる同作の主人公。作中でも度々敵機や新兵器により乗機を撃墜されるたびに(主人公とはいえ)生還を果たしている。
    • が、その際の出来事がサバイバルキットの食料と水が尽きて体力的にももう限界が来たので「このまま死んでやる」と最後の力を振り絞って手を伸ばした先が88基地の滑走路だっただの、地上空母ミサイルで撃墜された際には射出座席が作動しなかったものの、そのお陰で燃料を被らずに済んだ上に砂がクッションとなって衝撃を吸収した(ファリーナ曰く「君は実に運の強い男だ」)だのと異能生存体としか思えない幸運の数々で生還を果たしている。
  • 三尉新世紀エヴァンゲリオン 綾波育成計画withアスカ補完計画
    • 綾波担当とアスカ担当の三尉がいるがどちらも人類補完計画発動のすぐ直前まで戦闘を継続し、そのうえでアスカ担当の三尉は単独で精鋭軽歩兵一個大隊の包囲下を突破、彼女の元のたどり着いている。ネルフ本部が完全に崩壊している状況や、ネルフ本部が制圧下にある状況、そもそも人類全滅の危機の最中のこの状態である。充分ペールゼンの目に留まってもおかしくはなく、こいつ等も恐らく近似値候補だと思われる。
  • ジョン・マクレーンダイ・ハード
    • この人もよくもまぁ死ぬ思いを何度もしている。ジャンボジェットの主翼上で格闘戦など普通なら早々にあの世行きの状況だろう。
  • ストーム1地球防衛軍
    • 何をどうやっても地球の陥落を防いできた英雄。敵の異星人たちは自分たちが放つレーザーをかいくぐって一人の人間が次々と自軍の軍団を壊滅させる様を見てどのように思ったのだろうか・・・ 挙句「4」では彼を中心としたチームになってるし。
  • 照井竜仮面ライダーW
    • 第22話のサブタイトルがズバリ「死なない男」。作中でしばしば「俺は死なない」と口にしているのは伊達ではなく、ウェザー・ドーパントの熾烈な攻撃に耐え抜き、テラードラゴンに全身を噛み砕かれたり、ユートピア・ドーパントに火だるまにされても生還するなど、後述の舩坂分隊長に共通項が見られる。
  • パトリック・コーラサワー機動戦士ガンダム00
    • たびたびの撃墜にもかかわらず常に無傷で生還する別名“不死身のコーラサワー”。ELSに侵食されて自爆しようとしても撃墜されて助かる始末。
  • フレデリック・F・ブラウン(ms戦記シリーズ)
    • ルウム戦役でサラミスの主砲の直撃を受け、オデッサ作戦でアムロの駈るガンダムザクで正面から挑む(それ何て死亡フラグ?)も生還し、ジャブロー攻略作戦ではトーチカに狙われるも、上官のハンズマン曹長に助けられたりした結果、ニュータイプではない彼が生還出来るのは、異能生存体じみた強運の持ち主でなければおおよそ説明がつかない。
  • 星空みゆきスマイルプリキュア
    • 作中でよく悲惨な目(死の危険があるような)に度々出くわして生還しているとの事。普段着で南極を歩いたこともあり(普通は確実に死ぬ)、近似値の最有力候補。 ちなみに同じ声の淫獣父親声優キリコだったりする。
  • 溝口恭介蒼穹のファフナー
    • 死亡キャラ続出なアニメの人物にも拘らず、原作者「どうやっても死なねぇ」と言わしめた不死身のオッサン。「お調子者・主人公達にとって身近な壮年キャラ・主人公達に助言をする大人」という死亡フラグ三重苦を満たしているが死なず、あらゆる存在を同化するフェストゥムと生身で交戦しても死なず、二期未来予知能力を得た人物が無数の墓を目撃するシーンでも溝口の墓は見当たらず、真冬のロシアでも一張羅のタンクトップ姿で元気に活躍。極めて冷酷な人物に対して「部下を処刑するつもりなら自分を処刑しろ」と発言しても「そうならないことを願うわ」と一笑に伏され、実際にその人物の行動で敵の爆弾テロを回避するなど、その不死身っぷりは視聴者に『不死の力を秘めた因子「MIZOGUCHI因子」が存在するのでは』『溝口の加護により、タンクトップを着ているキャラクターは絶対に死なない』とネタにされるほど。結局、二期の最終決戦でも危なげなく生還してしまったため確定的な近似値の代表例の一人。
  • 宗像伝奇(宗像教授シリーズ)
    • 日本各地を巡りつつ様々な伝説や歴史の謎を調査する民俗学者。調査の過程で事故、殺人事件、大災害、無差別テロなどに遭遇する事が多く、殺人鬼や猛獣どころか怨霊タイタンなど人智を超えた存在に襲われる事もある。
    • だが悪運も強く、乗っていたクルーザーに隕石が直撃して爆発炎上したため外洋を漂流する羽目になったり、竜巻とタンクローリーの爆発に巻き込まれて炎上した車ごと水中に沈んだり(なお彼はカナヅチである)、麻酔を打たれて車中に監禁された状態でテロリストに刺殺されそうになり、その瞬間に運転手が事故を起こして車が爆発炎上したりしても平然と生還する。
    • また、元軍人などといった過去はないはずだが異様に強く、テロリストの戦闘員をステッキで殴り倒して一掃、更にヘリコプターをステッキ一本で撃墜し、メルトダウンを起こしかけ絶望した原子力発電所の職員を一喝して再起させるなど謎のカリスマ性も持つ。
  • 毛利蘭名探偵コナン
    • 毛利小五郎の娘であり工藤新一のガールフレンド。江戸川コナンのお目付け役として行動するがその先々でことごとく殺人事件・爆発事件などに巻き込まれ…ておいて結局無事。というか江戸川コナンも彼の周辺人物(少年探偵団服部平次など)もまるで異能生存体めいている。
  • ラッキー(宇宙戦隊キュウレンジャー)
    • よっしゃラッキー!が口癖な究極の救世主。インダベー戦闘機に生身でしがみ付き宇宙に放り出され凍死しかけるがシシキュータマに選ばれその直後に発生したしし座流星群に乗り無事帰還&シシレッド初変身を果たすをはじめ、数々の災難に見舞われるも持ち前の強運とキュウレンジャーとして宇宙を救う思いで乗り切ってきた。ラッキーさんマジラッキー
  • ルパン三世ルパン三世
    • 世界を飛び回る大泥棒。心臓部分を撃たれても死なない、重度の怪我をしても、すぐに体力が回復する異常な生命力を持つ。なお、宿敵の銭形警部も異能生存体疑惑があり、劇場版「ルパン対複製人間」では二人揃って米軍の執拗な爆撃から平然と生還している。
  • 北条時輔北条時宗(大河ドラマ)
    • 鎌倉時代に実在した武士で鎌倉幕府第8代執権北条時宗の異母兄。史実では文永9年2月15日(1272年3月15日)の二月騒動で時宗の命により討伐されたはずだが、当時の資料『興福寺略年代記』や『保暦間記』に生存説がある。また二月騒動から数年経過しても生存の噂が絶えず、事件から12年後に息子ともども幕府から追討令を出されている
    • これだけなら単に『生存説のある人物』で終わるのだが、この生存説をもとにものすごい人物を創作してしまったのが2001年に放送されたNHK大河ドラマ『北条時宗』である。以下はその異能ぶりのほんの一部。
      • 二月騒動にて館を急襲してきた北条義宗率いる幕府軍を相手に無双シリーズ顔負けの孤軍奮闘。この際、彼の装束は鎧ではなく袖が破れた直垂(直前に幼い愛娘の涙を拭うために自ら破いている)のみ。
      • 戦闘自体は抵抗むなしく敗れるものの、彼自身は左手が利かなくなるほどの重傷を負いながらも六波羅()から吉野の山中(奈良)へとたった1人で逃げ落ちる。
      • 弘安の役にて時輔が乗り込んだ蒙古軍の船が嵐に巻き込まれて転覆、乗っていた蒙古兵もろとも海に投げ出されてしまう。多くの蒙古兵がこの嵐で命を落とした中、彼は博多湾に流れ着いて息を吹き返す。
      • 彼以外にも史実よりも長生きした人物は他にもいたが、ここまでしぶとい生き方をしていたのは彼くらいである。
  • フォード・ブロディ(GODZILLA(2014))
    • 米海軍の大尉で爆弾処理の専門家。敵怪獣であるMUTOとは奇妙な因縁がある。
    • 怪獣映画の人間側主人公なので当然といえば当然なのだが、作中ゴジラとMUTOが起こす事態のほぼ全てに居合わせ、その全てで命の危機に陥りつつも辛うじて生還している。
    • 更に生き延びる度にある程度近しい人間が死んでいく(両親や同じ部隊の仲間)のが、自分は決して死なないが周りの人間は死んでいくキリコに通じるものがある。


  • 杉元佐一ゴールデンカムイ
    • 日露帰りの復員兵。かつては第一師団の決死隊に所属し、不死身の杉本の異名を持つ。その功績は対立する鶴見中尉一派の兵士たちにも知れ渡っており、本人が要所要所で叫ぶこともあって読者の印象に残りやすい。
    • 第一巻にして覆いかぶさってくる手負いのヒグマに単身でとどめを刺した他、ヒグマの巣穴に飛び込む、至近距離でヒグマと刺し違える、真冬の北海道の海に全裸で潜る、ガス溜まりを当てた炭鉱から人を背負って脱出する、トリカブトの毒を(毒の強さを調べる目的で)舌で受ける、男四人の密室でラッコ鍋を食べる、など不死身っぷりを上げると枚挙にいとまがない。相棒のアシリパ曰く死の恐怖に支配されないことが彼を不死身たらしめてるらしい。
    • なお、佐一も何かしらの特異体質を持ち合わせているらしく、傷の治りが異様に早い。この点はキリコと同様である。

  • SCP-503(SCP_Foundation
    • SCP_FoundationによってSCPオブジェクト(既知の自然現象に反する存在)として収容されている63歳の白人男性。
    • 幼少期に家族全員が死亡する大事故に巻き込まれるが、彼自身は車に少なくとも10日以上閉じ込められながらも生還。その後も34階からの転落、飛行機事故、果ては3000人近い犠牲者を出した9.11に遭遇するがやはり全て生還している。
    • 彼自身でも首吊りや焼身、至近距離から頭部を撃ち抜くなどありとあらゆる自殺を試みるが、後遺症が残りつつも全て失敗。
    • ならばと財団が実験の一環として彼の殺害を試みるが、その際に使用した武器は60回にわたり様々な理由から故障し不発、さらには100回以上の試射を繰り返したリボルバー(構造の単純さ故にとにかく壊れにくい)でさえ8回連続で燃焼不良が発生した。なお、この故障の発生は250回を超える再実験においてもたった一度のみである。
    • 極めつけは胸に命中した弾丸が心臓の中心を通り重症を負うも、房に穴は開かず生存している。
    • 他にも伏せられたカードやルーレットを100%言い当てるなどの幸運さを持っているが、全財産を賭けたポーカーでは負けるなど最終的には非常に不運な人物である。そのことは彼が財団に閉じ込められ、実験台にされ続けていることからも明らかといえる。

実在人物

上記のような架空人物の話だけだと思ったら現実世界にもこう言ったよく解らない“補正”の入った人物群は存在する。架空ならまだしも、現実にまでいるのはどうでしょうか神様。

軍人

  • シモ・ヘイヘ(フィンランド軍人、猟師)
    • 狙われたら死ぬ確率150パーセントの白い死神。冬戦争に於けるコッラー河の死闘にフィンランド軍の勝利に貢献。度々物量に勝るソ連軍正面で狙撃を続けた結果狙撃数世界最多となった。ある時の戦いで敵兵の銃撃で顔を撃ち抜かれるという重傷を負うが、それでも一命は取り留めている。平成14年のエイプリルフールに永眠。
  • ジャック・チャーチル(イギリス軍人)
    • 銃弾が飛び交う第二次大戦時代に何故か剣と弓を持って戦いに臨んだ異世界からやって来たような男。装備も装備なら戦い方も戦い方で、奇襲直前にバグパイプを吹き鳴らす、既に廃れた戦列歩兵陣で突撃をかますなど時代錯誤も甚だしい戦法を取りながらも勝ち続け、例え負けてもしっかり生き残って見せた。
  • ハンス・ウルリッヒ・ルーデル(ドイツ軍人)
    • 言わずと知れた破壊神。戦車撃破スコア計測不明の空の魔王。戦車の撃破数が有名な対地攻撃機エースだが、同時に戦闘機の撃墜でも5機撃墜をこえている。だけなら良かったが敵地下に於ける度々の被撃墜にも関わらず生還してくるなど史実の近似値筆頭に相応しい。
  • 舩坂弘(日本軍人、大盛堂書店創業者)
    • 言わずと知れた不死身の分隊長。米軍陣地に傷だらけの中単身潜入、射撃され、死亡判定されるも蘇生、捕虜になったその陣地の弾薬庫を破壊した。
  • エイノ・イルマリ・ユーティライネン(フィンランド軍人)
    • あのモロッコの恐怖の実弟である無傷の撃墜王。公式の撃墜数はドイツ空軍以外では世界最高位であり、あの空の魔王黒い悪魔ですら被撃墜を経験しているにもかかわらず、生涯被弾したのは一回だけ機関弾が一発翼をかすり塗装が剥がれただけというリアル「触れ得ざる者」。

その他

  • イ・サン(朝鮮王)
    • 李氏朝鮮が誇る異能生存体で第22代朝鮮王・正祖。王族ではあるが、王室を取り巻く権力争い故に暗殺されそうになったのも1回や2回ではなく、幼少の頃から49歳で病気で亡くなるまで、生涯十数回もの反対勢力(特に老論派)からの暗殺の危機に見舞われた。暗殺の危機に陥ってもなお政治改革・奴婢制度の廃止等、数多くの功績を残した。
  • 西塚十勝(調教師)
  • 荒川父(農家)
    • 北海道の畑作農家兼酪農家で、漫画家荒川弘の父。農作業中によく事故に遭う(しかも大抵大けがをする)のだが、普通に快復してまた農業に戻っている曰く、「この親父殿には一生どころか来世でも勝てねー」。彼が死の危機に直面して無事な場合、高確率で家畜が突然死する。
  • ヴェスナ・ヴロヴィッチ(スチュワーデス
    • 乗っていた旅客機が高度10,000メートルで空中分解するも奇跡的に生存。
  • スティーヴン・ホーキング(物理学者)
    • 1963年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、以降50年以上も毎年「余命数年から数カ月」を宣告され続けていた。2018年3月14日に76歳で死去。病気の内容を考えれば十分に天寿を全うしたと言えるであろう。
  • トニー・トト(ピザ店主)
    • 彼の浮気に逆上したフランシスと、店の乗っ取りを狙っていた従業員のブルーノから5回も殺害を企てられ、車に爆弾を仕掛けられたり、毒を盛られたりしたがいずれも失敗。ついに頭・胸など急所に弾丸を撃ち込まれ重傷を負ったが奇跡的に生存した。トニーは妻を許し、浮気を反省して妻のために保釈金を払い、現在も彼女と幸せに暮らしている。
  • ジョゼフ・フーシェ(政治家)
    • 激動のフランス革命期、ナポレオン第一帝政、王政復古期を生き抜いた稀代の謀略家。ロベスピエールナポレオンなど時の権力者たちに忌み嫌われたが、その秘密警察を用いた謀略の手腕と絶妙な権力との距離感で失脚こそ何度かしたものの、ついぞ彼を殺すものは現れず、家族と友人に囲まれ幸せな余生を生きた。同時期を生きた大外交官「タレーラン」がある意味ライバル。
  • フィデル・カストロ(政治家)
    • 総勢82人でキューバ革命に成功する。「暗殺されそうになった回数が最も多い(計638件)人物」としてギネスブックに載る。傷一つなく在命を続け、2016年11月に90年の天寿を全うした。
  • フレーン・セラック(音楽教師)
    • 電車脱線、飛行機墜落、バスが川に落下、自家用車炎上爆発、車内炎上、バスにはねられる、運転中崖から転落、等の事故から生還。
  • リック・フレアープロレスラー
    • 狂乱の貴公子、ネイチャーボーイなど数々の異名を持つ、伝説的なプロレスラー。1975年にセスナ墜落事故に遭って背骨骨折と重傷を負いながらも生還。しかもその後もかなりの高齢になるまで現役を続けた、現代の異能体と言うべき存在。
  • ロイ・サリヴァン(森林警備隊員)
    • 生涯で七回雷に打たれるが、特に別状なし。最も雷に打たれた男としてギネスブックに載る。
  • アナスタス・ミコヤン(政治家)
    • 旧ソ連が誇る異能生存体。ロシア革命の時期からソビエトに参加したオールドボリシェビキで、レーニン、スターリン、フルシチョフの時代の政権中枢を生き抜いた奇跡の人。なお、名のある同期はキャリアの最後の方にはほぼ全ていなくなっている辺りで環境の酷さを察してほしいところ。


人間以外のもの

実在の生物

  • Old Tjikko(ヨーロッパトウヒ)
    • 樹齢9550年。
  • オスカーネコ
    • リアルキリコ(ただし)。
  • まさひろ(ニワトリ
    • 大阪市天王寺動物園所属。幾度となく動物のエサに出されるも生き残り「幸運のニワトリ」や「奇跡のニワトリ」と呼ばれる。


関連タグ

装甲騎兵ボトムズ 異能者
主人公補正 不死身の男 チートキャラ リアルチート
生存フラグ 死亡フラグ 不死身

コメント