ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

   発 者 同         . 。_   ____           争

 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い

 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、

 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j

 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´

 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\

             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄

            /   ..:.:./    |   丶

           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \

          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ

          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ

          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}

         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}

        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X

        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y

  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\

  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>



二匹のオオカンガルーが殴り合っている有名なAA


ネット上では、「同じレベルの馬鹿同士の喧嘩」や「同じ趣味(前提知識)を持つ者同士の喧嘩」など、当人同士にしか分からない言い争いや、低レベル喧嘩を行う人に対して煽り目的で使われる。


元ネタ

週刊少年サンデーで連載されていた漫画「神のみぞ知るセカイ」の1コマ。

主人公 桂木桂馬台詞である。

マンガ版では第4巻「FLAG.30 雨がやんだら」で登場する。この漫画はやたらと名言が多い。


こちらは、ネット上で使われる用法とは多少用法が異なる。



「ねー桂木ー、ちひろとケンカしたんだって?」

「知ってるか・・・・

 争いは同じレベルの者同士でしか発生しない!!

 ボクと現実が争うことはあり得ない!! なぜならボクと現実には接点がないからだ!

 ボクは、ケンカなんかしていないっ!!」



本来のセリフにおける「レベル」は「次元(生きている場所)」のことであり、喧嘩している人を低レベルとは言っていない。(相手(を含む三次元)を見下す意味合いはあるのだが。)


主人公である桂木が、クラスメイトの女子に口喧嘩して負けたトラウマから二次元(ネットゲームや恋愛ゲーム)が生活の中心に引きこもってしまっている。「今の自分は二次元(ネットやゲームの世界)を中心に生きているので、三次元(学校)で何が起ころうと自分には関係ない。現実世界で口喧嘩に負けたことはカウントしない(あれはそもそも喧嘩ではない)」と言い張っているだけのシーンである。


ちなみにこの1コマは、原作の使い方以上に様々な解釈ができ、実際に会話で使うと汎用性が高すぎるということで、一部でAA化されてネットで流行語化した。また、アニメ化した際にはアニメーションが追加され、かなり印象的なシーンになっていたために「レベル」という単語が用いられているために曖昧で便利に使えることで流行った。


現在もなお「目糞鼻糞を笑う」「五十歩百歩」「どんぐりの背比べ」と同じく「不毛な喧嘩は同じような低レベルの人同士でしか発生しない」という意味で使われている。一方で高レベル同士の争いに対しては競争・研鑽という言葉が使われ、または「金持ち喧嘩せず」というように争わない。

また、レベル差がある二者だと早々に降参するか一方的な蹂躙、もしくは喧嘩を売られた事にすら気付かないためやはり争いと呼べる物にはならない。


本当に同じレベル同士でしか争いは発生しないのか?

厳密にいうと日本なら「同じレベルの者同士でしか発生しない」のは正解である。

だがこれは世界から見れば異端だったりする。


言わば国家や大企業のような高レベルの人間が不祥事や杜撰な対応をやらかすと、低レベルの人間からデモという形で争いが発生するのが大多数の国家では普通となっている。当然その中には不毛でない低レベル側に収穫の大きな争いも多分に含まれる。


しかし日本人の場合は高レベルの人間がやらかしてもデモは滅多に発生せず、それどころか不倫を起こした芸能人や何らかの事件を起こした一般人といった低レベルな人間の方が叩かれやすく、文字通り同じレベルの者同士で不毛な争いが発生しているのが日常茶飯事と化している。

また富裕層にしても日本の場合は「一見仲睦まじい様子を見せてるが肝心な時に裏切る」といったフレネミー関係が特に多く、お家騒動という形で高レベル同士の争いが発生しており例外ではない。


このような例は日本を除けば朝鮮民主主義人民共和国ロシアといった独裁体制を取る国家しかなく、この理論は国内では通用しても、少数派の国でしか通用しない概念である。


また、谷甲州林譲治のSF小説では(別の側面から見て「戦争」になっているかは別にして)、(人工衛星よりも技術的ハードルが低い)弾道ミサイルレベルの技術しか持たない文明が、下手をしたら数百年レベルの技術差が有る敵が所有している衛星軌道上の宇宙戦艦を撃墜する(それも科学的に妥当な方法で)というシーンが度々登場している。


イラストとして

20歳に挑む16歳の図

AAを基にしたものの他、

カチコール対セビエ

ある意味ほほえましい戦いや、

争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!

いろんな意味で低次元の争いを繰り広げているものに付けられる。

まあ、

絵理誕生日!

一部が高レベルだったりもするが。


最後に

なお、このピクシブ百科事典においてもそういった争いが生じる事がある。何がとは言わぬが、「応じる時点で相手と同じレベルに堕ちる」とだけは言っておこう。このことは公式見解の「3.2 やってはいけないこと」に書かれているはずなのだが……。

関連記事

親記事

桂木桂馬 かつらぎけいま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8234376

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました