ピクシブ百科事典

四八(仮)

しじゅうはちかっこかり

四八(仮)はバンプレスト発売のホラーゲーム。
目次[非表示]

概要

2007年11月に発売されたホラーアドベンチャーゲームAVG)。
 このゲームは後述する理由により、ホラーよりもある意味怖いゲームとなり果てている。

内容の詳細

新作ゲームのサンプル、『四八(仮)』をプレイする『あなた』と、ゲーム中で『あなた』の出身地を皮切りに日本各地にて巻き起こる様々な怪事件を追っていく物語である。
ゲームは最初、プレイヤーの名前家族構成、出身地を入力するという形式で進み、それによってプレイヤーの住む県を始めとする四七の都道府県全てで個別のシナリオを閲覧することになる。
その為、各都道府県での物語によって登場人物が異なり、更にシナリオに含まれた選択肢を選ぶことで理論上は無数と思えるほどストーリーを分岐させることが出来る。
さらにこの作品は同会社から発売された『学校であった怖い話』に習い、登場人物の立ち絵は実写となっている(ただし作中作には二次元キャラが出ることもある)。また『学校であった怖い話』のキャラクターが一部シナリオに登場している。
このゲームのシナリオは都道府県固有の民間伝承や都市伝説を元にしたものであるとされ、多くの種類が登場する。

また一部シナリオは著名なホラー怪談作家である『伊藤潤二』『つのだじろう』『稲川淳二』『水木しげる』『筒井康隆』『木原浩勝新耳袋の著者)』が原案協力または本人出演の上での書き下ろしに協力している。
ちなみにタイトルの由来は四七都道府県にラストシナリオ一つを加えた数であり、『(仮)』は本作がサンプルゲームをプレイするというストーリー設定である所から来ている。

クソゲーとしての『四八(仮)』

ここまで記述すると、「面白そう」と思うユーザーも存在するかもしれない。しかし残念なことに実際にプレイしたユーザーの評価はとても悪く、この作品クソゲー扱いされている。

システムの問題

上記の詳細を見ていただければ大体分かると思うが、まずこのゲーム、クリアまでが恐ろしく長い
プレイヤーはクリアするためには同じシナリオを複数回読むか、舞台である四七都道府県のすべてのシナリオをプレイする必要が出てくるが、一つの都道府県に複数のシナリオが存在する場合がある。そこに選択肢によるストーリー及びシナリオ分岐が完全攻略までの遠い道のりに拍車をかけている。
さらに、「住民移動システム」や「契力」といった独自のシステムがこのゲームの面倒くささをさらにかさ上げしている面も否定できない。
実際にはただクリアするだけならば簡単なことらしく、当初の目的では「まだ見えてないがどのような話が入っているのだろうか?」と思わせる演出も兼ねていたようである。

シナリオの問題

それでもシナリオが秀逸ならばプレイヤーは楽しめるため問題はない、かと思いきやそのシナリオには出来不出来が存在し、その中にはわずか数分で終了するものが含まれ、さらにはそもそも恐怖描写が存在するシナリオが少ないという状況も存在する。
さらに作中にて語られる都市伝説・民間伝承も、都道府県の1/4ほどのものは舞台となった県とは無関係な伝説が展開されるシナリオだったりする。また1/10以上は単なる観光案内といわれる状況であったりする。

また、何故か東京都だけは『仕様』によりフラグが立たず、完全クリア(このゲームにおいては四十七都道府県のストーリーをすべてクリアすること)が不可能となっている。
おそらくは作成途上で何らかの問題によりストーリーを削除し、そのまま無理やり発売したか、設定上サンプルであるため未完成さや不気味さを出そうとして逆に失敗したのであろう。

プログラム面

更にプログラム根幹にも大きな問題があり、プレイ中フリーズしたり、ゲーム進行を大きく妨げる状況を招く不具合が至る所に存在する。さらにまずいのはセーブデータ破損を含むセーブロード周りの仕様バグかわからないものである。
これらはプレイヤーが「本当にデバッグを行ったのか」という疑惑を生むことになった。
さらに問題なのはこれらのバグか仕様か不明な不具合を販売側が全く把握しておらず、それを防ぐ為のサポートの推奨行為自体がメモリーカード破損を招くものであるなど制作や対応の悪さが数多く見られた。

グラフィック等

このゲームでは、基本的に実写を用いている。そして恐怖を演出するため、わざとグラフィックを汚くしているといわれる。しかしそれはあまりうまくいっていない模様であり、さらにそのグラフィックもテキスト矛盾していたり、明らかにおかしいものが存在する。

ただし、東京シナリオの一つ『オンラインゲームの悪夢』に登場する劇中劇としてのゲームのキャラクターのデザインは彼女を始め非常に高評価だったりするが。

余談

KOTY

結果、一部ネット上では『十年に一本のクソゲー』『伝説のクソゲー』等ありがたくない異名を貰い、クソゲーオブザイヤーKOTY)では2007年度版の据え置き機部門にて大賞を受賞することとなった。

その後の影響

これを受けて2008年度以降KOTYの基準が厳しくなりシナリオ演出がどれだけ矛盾していてもバグ等によりゲーム部分が破たんしていない限りは受賞できないというアレな状況(ただし、「期待の大作」へのネガティブキャンペーンが通用しなくなった、という副作用は存在したが)になってしまった、とまで言われるようになった。

ちなみに、本作のKOTY受賞から約2年後の2009年にはその『四八(仮)』のKOTY受賞撤回を求める後に“四八(仮)KOTY撤回党党首”と呼ばれる謎の人物がKOTYスレに出没し、執拗に本作およびディレクターの飯島に対する取り留めもない屁理屈レベルの擁護を繰り返してスレを荒らすという珍事があった。

バグに対する反応

ちなみにバグに関しては修正されたバージョンが存在するものの、これは市販されたものではなく、メーカーのお客様相談窓口に電話してディスクを交換してもらうという方法でしか入手できなかった(ちなみにサポートが継続しているかどうかは不明)といわれている。その際に貰うことが出来るハンカチは『を拭く為のもの』としてネタになっている(ただしバンダイナムコグループのお詫びの品物がハンカチであるというだけ、という話らしい)。

関連タグ

バンプレスト シャノン
ホラー アドベンチャーゲーム AVG
忍(四八(仮))
学校であった怖い話
クソゲー クソゲーオブザイヤー KOTY

提供作家

伊藤潤二 つのだじろう 水木しげる
筒井康隆 稲川淳二

外部リンク

ゲームカタログ:同項目
ニコニコ大百科:同項目
KOTY据え置きWIKI:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「四八(仮)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177701

コメント