ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※本編に関する重大なネタバレあり。











概要

ゲーム『タクティクスオウガ』のヒロイン。弟にデニム、父にプランシーを持つ。
父から手ほどきを受けた神聖魔法を行使し、ゲーム中盤までは回復役のNPCとして活躍する。

ドS薄幸強度のブラコン、おまけに王女という複数の設定がブチ込まれているためか、
実に個性的な性格の持ち主であり、物語のキーパーソンとして揺るぎない存在感を発揮する。
ゲームをプレイすれば彼女のエキセントリックな言動を存分に堪能することができるだろう。
トラウマ的な面倒くささでその名を広く知られている。

(とんでもねぇ)ブラコン

母親は幼少の頃死別、父親が拉致され殺された(と思っていた)為に、残る家族は弟のデニムだけ。
そうだとしても、彼女はあまりにも行き過ぎた重度のブラコンである。
 
弟を安全にする為に嘘を吐きおべっかを使うなんてのは朝飯前(僧侶なのに)
弟の敵とみなせばプレイヤーでもドン引きするような辛辣な口撃を敢行(僧侶なのに)
挙げ句の果てには弟が決めた事だというだけで虐殺にも加担(僧侶なのに)

これは、彼女が小さい時に、父と誰か(おそらく伯父のブランタ)が自身の出生について話しているのを聞いてしまったからである。
自身らが捨て子であったという事を知った彼女は、血を分けた唯一の肉親である弟に、深く依存していった。

カチュアの本名

実は、「姉弟が捨て子だった」というのは、カチュアの聞き間違い。
拾われたのはカチュア一人。弟のデニムはプランシーの実子である。

カチュアの本当の名はベルサリア・オヴェリス
彼女は亡きドルガルア王の忘れ形見であるのだが、正妻との間の子ではなく
侍女との関係で産まれた子であるが故、その事実を知る者はごく少数の人物に限られていた。
当のドルガルア王も娘の存在を知ることなく没している。
ドルガルア王の後継者であるカチュアの存在が秘匿された事により、王の死後、いったんは
統一されていたヴァレリア島では後継者不在により内乱が勃発し、ゲーム冒頭の状況へと繋がっていく。
 
この事実を知った事により、唯一の心の支えのデニムは赤の他人。
そして自身が天涯孤独だったという事にも気付いてしまう。
そして、自分を庇護してくれた暗黒騎士団に身を寄せ、ダークプリーストとして行軍に参加。
ここから更なる彼女の凶行が始まる。

小ネタ

  • アイテム「祝福の聖石」を装備した状態でHPが0になると特別な台詞を見ることができる。
  • バーニシア城城内戦の勝利条件は「敵リーダー(ランスロット・タルタロス)を倒せ!」 だが、ルートによってはカチュアが敵として参戦してくる。彼女のHPを0にすることでランスロット・タルタロスを倒さずにクリアすることが可能だが、その場合は仲間にすることができなくなる。


関連タグ

ブラコン ヤンデレ

関連記事

親記事

タクティクスオウガ たくてぃくすおうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カチュア・パウエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131542

コメント