ピクシブ百科事典

ランスロット・タルタロス

らんすろっとたるたろす

シミュレーションRPG『タクティクスオウガ』の登場人物。

ローディス教国が擁する最強の騎士団ロスローリアンの団長。
物語の舞台となるヴァレリア島に派遣され、北東部のバクラム人勢力の指導者ブランタ司祭を援助している。
反乱分子を討つという名目でウォルスタ人の住む港町ゴリアテを襲撃し、住民を虐殺。
主人公デニムの父プランシー神父を連れ去った。

ランスロット・ハミルトンとの戦いで片目を失ったため眼帯をつけている。
なおハミルトンとの区別をつける意味で「タルタロス」「暗黒騎士ランスロット」などと呼ばれる場合がある。

クラスは「デステンプラー」。ローディスの16の騎士団それぞれの長が持つ称号であり、
デステンプラー一人で一般騎士百人相当の戦闘能力を持つとされる。

使用武器は神聖属性の剣「アンビシオン」。
対象の最大HPを減らしてしまう(戦闘後も戻らない)脅威のスペシャル技「アポカリプス」を会得している。

その正体はタクティクスオウガ外伝の主人公、アルフォンス・レーエルであり、複数あるエンディングの中に、彼が後に暗黒騎士となる重要なシーンがある。
アポカリプスはこのゲームでラスボスが使用する技であり、それを会得したものと思われる。

関連タグ

タクティクスオウガ ロスローリアン
隻眼
タクティクスオウガ外伝※エンディングに少しだけ、彼のイラストが登場

pixivに投稿された作品 pixivで「ランスロット・タルタロス」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48432

コメント