2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ニバス・オブデロード

にばすおぶでろーど

『ニバス・オブデロード』とは、クエストによるゲーム作品『タクティクスオウガ』に出演する架空の人物。

CV:宮本充(リボーン)

概要

ガルガスタン王国出身の屍術師。雷竜の月20日生まれ。50歳。

騎士のデボルド・オブデロードを息子に、僧侶のオリアス・オブデロードを娘に持つ2児の父。超重度の愛妻家であり、娘の名前に妻の名前を付けるほどである。こうなる前は家族と妻を愛する心優しき賢者だったと言う。
最愛の妻にオリアス・アマラがいたが王国過激派による粛清の際に息子デボルドに付き添った際にバラバラの肉片となってしまった。

人物

占星術によって未来を予見する『ロードマンサー』の称号を持つウォーレン・ムーンと並び立つ世界屈指の賢者であり、降霊術によって未来を予見する『ネクロマンサー』の称号を持つ高位魔術師。

しかし、最愛の妻オリアス・アマラの死を境に心底神を呪い恨み続け、生命の因果律を超越した先にのみ存在する不老不死の実現を渇望するようになり、屍術を極めるためにあらゆる犠牲を厭わず黙々と研究を進めていった結果、王国過激派による粛清の被害者となったデボルドの遺骸を微塵の躊躇も無く研究材料に利用し、偽りの命で死者の肉体と魂を現世に縛り付ける行為に反発して家を飛び出したオリアスを「真理の追求という崇高な行為に目を背ける愚者」と罵るなど、ネクロマンシーに基づいた生死の正論を振りかざす一方で倫理的思考が破綻した外道と成り果てる。しかし彼も悲しき戦争の犠牲者である事をどうか忘れないで欲しい。
彼にはこうなるまでの理由があったのだ。
最愛の妻とのあいだに出来た子供達を彼なりにではあるが愛してもいる。

後に新たにスルバラン一族よりカサンドラ・スルバランを妻に迎え入れ新たに2児を授かるも、かつての妻と家族達のようには愛せはしなかった。

後にガルガスタン領アルモリカ地方監督官の重席に就くものの、これは民族衝突などによって発生する新鮮な死体や強い無念を抱く霊魂の獲得に利を見出してのことであり、表向きの任務や政務の執行は全て部下の手に委ねている。
後述する理由にもよるが彼個人は別にガルガスタンに忠誠を誓っていると言う訳でもない。

ウォルスタ解放軍の若き旗手として対峙したデニム・パウエルに興味を抱きつつ、ヴァレリア島各地に人知れず存在する秘密研究所を点々としながら討伐隊の執拗な追跡を振り切っていたが、遂に迎えた危機に際して予め用意していた先史の遺物『死者の指輪』の力でリッチに転生する。即ち、指輪に秘められたこの世ならざる邪悪な力を使って冥王デムンザの眷属と化し、人間としての生を終える事で生命の因果律から脱却した不死の肉体を得るに至る。

特徴

敵対するキャラクターの中でも極めて異彩を放つ存在であり、その歪んだ思想と行動の全貌が語られることとなるN(ニュートラル)ルートは寧ろ「ニバスルート」と呼ぶほうが正しい。

尤も、リメイク作品である『運命の輪』ではC(カオス)ルートにも勢力を拡大し、Nルートとはまた一味違った意味で鬼畜にも劣る所業の数々を披露する運びとなったため、作中において相争う各国要人の謀略が一層可愛く見えてしまうほど徹底した悪人振りを遺憾無く発揮することとなる。

魔術師であるために肉弾戦を得意とせず、大抵の場合は相手に対して極端に有利な地形を利用した暗黒魔法による遠距離攻撃、または特殊技能『サモンダークネス』で召喚するゴーストやスケルトンなど死霊の派兵を中心とし、中盤からはこれに失敗作のゾンビ、屈強な戦士の遺骸に新たな秘術を施したデスナイトを加えた屍霊軍団を引き連れて襲い掛かる。

2つの家族

屍術研究のために実験台にされた(と思い込んでいる真実を全く知らない娘オリアスの誤解)デボルド、生命の摂理に逆らい続ける父に憎悪を抱くオリアスといったように、ただでさえニバス・オブデロードという強烈な人物像を浮き彫りにした2名に加え、『運命の輪』ではさらに4名の家族が別に存在する設定が加わった。

ただし、「どちらか一方の家族に比重が置かれたシナリオでは残された一方はオブデロード姓を名乗らずに登場する」という一種のパラレルワールドで物語が展開するため、この2つの家族がお互いに「オブデロード家に連なる者」と認識した上で顔を合わせる機会は無い。

オブデロード一族

原版Nルートから登場するニバスの家族。『運命の輪』ではCルートにも登場するが、全く異なる人生を歩んでいる上にまるで接点の無い赤の他人として描かれている。

妻:オリアス・アマラ

内乱勃発時、息子デボルドがバルバトス枢機卿に抵抗した為粛清され、その惨劇時、妻オリアス・アマラも失う。病弱の身ながら夫ニバスを最大限理解し支える2児の母である。
ニバスその人も娘に妻の名前を付けるほど愛して止まない最愛の妻である。
そんな彼女だが武力による強硬姿勢を堅持するレーウンダ・バルバトス率いる急進派に処刑されるにいたる。ニバスが見つけた時にはバラバラの肉片で辛うじて生きていた状態だったと言う。
妻オリアスはバラバラの肉片となってしまった為、かろうじて生きていたがわずかな生でしかないアマラの肉体にオリアスの魂をつなぎとめる。先順位から考えるまでもなく妻の魂を救った。別に息子が大切ではない訳ではなく彼なりに考えてのものである。
過去に二度、屍霊術によって失われた家族の命を復活させたらしい。

長男:デボルド・オブデロード(テラーナイト)

TO:オブデロード兄妹



ガルガスタン王国騎士として務めに励んでいたが、武力による強硬姿勢を堅持するレーウンダ・バルバトス率いる急進派に異を唱える穏健派に属して抵抗し、勝利を収めたバルバトス派によって粛清の名の下に処刑される。
ニバス曰く頭部だけ残った息子デボルドは他人の肉体からつなぎあわせた肉体を用いて反魂の術で甦らせるが術は不完全で、術を完全なものにするため人体実験を行い、枢機卿に取り入った。この際にニバスの最愛の妻アマラもバラバラの肉片になってしまった。
デボルドがこういう状態になったのは、ニバスが息子より妻を優先させた結果だがこの事実を娘オリアスは全く知らないのだ。

持てる屍術の全てを注ぎ込んだ結果、不完全ながら記憶と肉体の同時再生に成功した最高傑作として蘇るも、本当の真実を何も知らず怒りを覚えた妹のオリアスに連れ去られる形でオブデロード家と決別する。内戦終結後は軍を離れ、オリアスが修行に励んだアシュトン郊外の教会で妹と共に静かに暮らし、少しずつ記憶を取り戻しながらいつ果てるとも知れぬ2度目の人生を送る。

原版では数えるほどしか口を開かないが、除名しようとしたり、忠誠度低下時の警告、及び離反時には途端に流暢な言葉遣いで喋りだす。
『運命の輪』Nルートではデニムの問いに対して流暢に返答し、「遺骸の損傷があまりに激しく首から下は他人の遺骸を繋ぎ合わせた作り物」「かろうじて体と魂を繋ぎ止めている不安定な秘術の効果が消えれば再び死ぬ」という恐るべき秘密を自ら明かす。

Cルートでは『デボルド・レーン』の姓名で登場し、解放軍との戦闘で命を落とした所をニバスの秘術で生ける屍として蘇り、生前の怨みから解放軍であれば見境い無く刃を振るう異形の屍霊騎士として襲い掛かる。

長女(ホムンクルスにして妻):オリアス・オブデロード(本名オリアス・アマラ)(プリースト)

Orias



いたずらに屍術を扱って死者を冒涜したとニバスに反発する形で光神イシュタルに仕える僧侶となるが、血を分けた息子の遺骸を丁重に葬るどころか研究材料に用いた(実は全くの誤解でニバスはニバスなりの努力もしているし息子に愛情もあれば執着もあるのだが)一件からデボルドと共にオブデロード家を離れる。以降は、病弱にあって見向きもされずに世を去った(と記憶を作られた)母オリアスと死してなお無残な仕打ちを受けた兄の復讐を誓い、戦乱で傷付き疲れ果てた人々を癒して回る諸国放浪を続けながらニバスの行方を追う。内戦終結後は軍を離れ、デボルドと共にアシュトン郊外の教会で静かに暮らす。
死者の宮殿にてニバスと対峙した際、自分はニバスの娘ではなく妻の魂を元にしたホムンクルスであると告げられる。死んだ妻の魂を、ホムンクルスとしての娘としてオリアス・アマラの魂を身に宿したのが現在のオリアスだという話でその際オリアスの記憶は消え、アマラの記憶を吸収し自分のアイデンティティとしたという。
要は妻を愛し過ぎるどこぞのダメ親父とやっている事はほぼ全く一緒である。今までの全てを投げ捨ててでも愛妻にのみ尽くすニバスの姿は哀れとも愛の形の1つとしても見る事が出来る。

Nルートでは怨敵ニバスを倒すべくデニム率いる解放軍への参加を懇願し、身の潔白と強固な決意を示すために敢えてオブデロード姓を名乗る。

Cルートでは『オリアス・メランデル』の姓名で登場し、癒やしを施していた旅先で正体不明のゾンビに襲われた末に致命傷を負って世を去る。

スルバラン一族

『運命の輪』Cルートで追加されたニバスの家族。

妻:カサンドラ・オブデロード(ネクロマンサー)

母さんドラ



ニバスと結ばれ、モルドバとクレシダを授かる。高度な知識を修めた魔術師にしては蛮族顔負けの荒々しい口調と気性の持ち主であり、同じネクロマンサーでありながら途方も無い知識を有するニバスに娘共々師事するが、カサンドラ自身は「ネクロマンシーとは現世に無念を残した死者の願いを叶えて魂を救う術である」とする思想から降霊術に重きを置いており、その思想はクレシダに色濃く受け継がれることとなる。

Cルートではブリガンテス城に続く要衝のレイゼン街道で愛娘モルドバの命を奪った解放軍に弔い合戦を挑む。

Nルートでは「ニバスを師と崇める弟子の一人」という立場から公私を分けるために『カサンドラ・L(ラウヤ)・スルバラン』の姓名で登場し、ニバスの行方を追ってヘドン山を進む解放軍にモルドバの弔い合戦を挑む。

長女:モルドバ・オブデロード(ネクロマンサー)

屍術士モルドバ(恍惚のモルドバ)



父であり、上官であり、絶対の師であるニバスに忠誠を誓い、アルモリカ地方監督官の実務代行者としてクリザローに駐留し、ドナルト・プレザンス率いる討伐隊を壊滅状態に追い込むもデニム率いる救援部隊との交戦で戦死する。モルドバ自身は「死を回避する唯一の方法は死の全容を解明する以外に無い」とするニバスの思想に共鳴し、屍術に重きを置いていた。

進行上の都合で最初に対峙するオブデロード家関係者ではあるが、カサンドラとクレシダの両名が登場しないL(ロウ)ルートではスルバラン一族である事実すら明かされない。

原版ではニバスの指揮下にあってクリザローの守備を任されたウィッチ『恍惚のモルドバ』として登場し、血縁関係は無い。

次女:クレシダ・オブデロード(ネクロマンサー)

クレシダ



姉のモルドバ、母のカサンドラ、義兄のヘクターを次々と亡き者にした解放軍にこの上なく深い怨みを抱きつつ、ニバスの命令に従って徐々に戦線から遠ざかる苦悩の日々を送る。

Cルートではネクロマンシーの本質を巡ってニバスと対立し、その渦中で目の当たりにした凄惨、且つ非道な事件を通じて離反する決意を固める。この時に条件を満たしていれば、目前の憎悪を乗り越えて利害が一致するデニムに共闘の意を示した上で神竜騎士団への参加を申し出る。

Nルートではカサンドラと同じ理由から『クレシダ・L・スルバラン』を名乗り、ダムサ砦に急ぐ解放軍の前に師匠ニバスを付け狙う怨敵、加えて前述の3人の命を奪った憎々しい仇敵として立ちはだかり、無人のバンハムーバ神殿で命を賭けた決戦に臨む。

義息:ヘクター・ディダーロ(ナイト)

ディダーロとモルドバ



忠義と武勇でガルガスタン王国にその名を馳せる名家の当主であり、モルドバの婚約者。騎士道に凝り固まった無骨者ではあるが、人柄の良さと公正実直な姿勢から部下として付き従う兵士一同に愛され、Lルートではガルガスタン人の未来を繋ぐために捨て石となり、Nルートでは義妹クレシダを救うために解放軍を惹き付ける囮役となり、Cルートでは王国への忠義を貫くために解放軍に一切の情報を漏らさぬまま極刑に処されると言ったように、どのルートでも「大切な者を守る大義のためならば喜んで命を捧げる」という作中屈指の人格者でもある。

原版ではザエボス・ローゼンバッハの指揮下で働くナイト『無念のディダーロ』として登場し、縁戚関係は無い。

関連記事

親記事

タクティクスオウガ たくてぃくすおうが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3243

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました