ピクシブ百科事典

少女椿

しょうじょつばき

丸尾末広による漫画作品、またはこれを原作としたアニメ映画。
目次[非表示]

概要

両親を亡くして孤児となり、奇形の見世物たちがうごめく見世物小屋で働かされるはめになった薄幸の少女みどりの辿る数奇な運命を描いた、丸尾末広作のエログロ漫画である。「地下幻燈劇画 少女椿」という題名でアニメ映画化される。


「私はどのように生きたらよいでせう」


登場人物

みどり

少女椿


おかっぱ頭が特徴の女の子。年齢は10代前半。
花売りをしながら病床に伏す母親と共に暮らしていたが、母親が亡くなり孤児となる。客として知り合っていた嵐鯉治郎を訪ねた事がきっかけで、見世物小屋の芸人にされてしまう。ワンダー正光が一座に来てからは人生がマシな方に傾き出す一方で他の芸人を化け物呼ばわりするなど性格が徐々にきつくなっていく。座長が金を持ち逃げして行方をくらまし座をワンダー正光とともに離れることになる。道中で弁当を買いに行った正光が強盗に刺殺されてしまい(このときみどりはバス停で正光の戻ってくるのを待っていた)、戻ってこない正光を探しに行くも見つからず同じ道をぐるぐる回る羽目になる。そんな中、死んだはずの鞭棄や正光を含めた赤猫座の芸人が神社の並木道で賑やかに宴会を行っているのを見たみどりは正光に裏切られたと思い込んで半狂乱になり「死んでしまえー!!」と棒切れを拾い上げ振り回すがその光景はすぐに消えてしまい、孤独となって絶望のどん底に叩き落され泣き叫ぶ(物語はここで終わる)。

ワンダー正光

正光ファンタジヰ


小人症の中年男性。鯉治郎が東京から呼び寄せた芸人であり、西洋手品の使い手。みどりを気に入り寵愛するが、彼女に対する独占欲も露わにしていく。今で言うこれ。小人症であることを客に指摘されブチギレ、観客全員の体を幻術で捻じ曲げたり潰してミンチにしたりした(その後警察が騒ぎを聞きつけ捜査に来たものの一応皆元通りにしてなかったことにし騒ぎを収めたようではある)。座長が金を持ち逃げして行方をくらました際にはみどりとともに座を離れ旅をするも道中で弁当を買いに行き、バス停で待たせておいたみどりの元に戻る途中強盗に刺されて命を落とす。

鞭棄

鞭棄おぢさん


見世物小屋「赤猫座」の芸人。両腕を失い、火傷した顔を包帯で覆った男性。怪我の理由は不明だが、代わりに足を手のように使うことが出来る。欠損包帯学ランなど数々の属性を持ち、作品の中でも高い人気を誇るキャラクター。みどりに対して恋愛感情を抱いているようだが、その一方でみどりを暴力的にレ●プするなどみどりへの感情はなんだかよくわからんことになっている。みどりにいじめたことを謝る際に「さっきはごめんな、もういぢめねえからよ。本当は俺はお前のことが好きなんだ」と告白するところをワンダー正光に見られてしまい嫉妬され口に泥を塗る詰められ殺される。

カナブン

きんぶんではない、かなぶんだ!


軽業や火吹き芸を行う芸人。黒髪のポニーテールが特徴。見た目は美少女だが、一人称は「俺」で生意気な性格。朝の起き抜けに立ちションしながら自分の股間のナニを見せつけみどりをドン引きさせた。赤猫座の座長である鯉治郎に可愛がられている。鯉治郎が金を持ち逃げして自分を捨てて逃げた際には悔し泣きしながら髪を短く切り、みどりたちが出発する際「おーいみどり、さようならー!」と泣きながら笑顔で見送った。

蛇女紅悦
蛇を生きたまま丸呑みする芸を行う芸人。妖艷な美貌とグラマラスな肉体を駆使し人間ポンプ赤座ら男の芸人のほぼ全員と人間関係を持つ。みどりのことは最初は邪険に扱うが多少なりとも憎からず思っていたようで、みどりがワンダー正光と座を離れるときにはみどりの服装を「とってもかわいいよ」と褒め優しく門出を祝い見送った。

人間ポンプ赤座
剣を丸呑みする芸を持つ隻眼の大男。紅悦と肉体関係を持ち紅悦いわく「体の割にせがれはちっこい」らしい。最初はみどりに紅悦とともに性行為をするようせびるが紅悦に止められる。以前から他の一座からスカウトされていたようです親方が赤猫座から金を持ち逃げしたときにはこれ幸いとばかりに他の一座に移る準備をしていた。最初は邪険に扱ったもののみどりがワンダー正光と座を出る際には「頑張れよ」と優しく門出を祝い見送った。

嵐鯉治郎
赤猫座の座長。人気のない駅の外で花を売っていたみどりに「困ったときは私を訪ねておいで」と優しい声をかけた山高帽のおじさんの正体。カナブンと肉体関係を持っていた。本性はケチで小心者の人間であったが芸人たちに比べてみどりへの扱いは穏やかでみどりが風邪をひいて熱を出したときは何もせず寝ておくよう優しく声をかけるなど一座の人間の中では常識人。最終的には一座のお金を持ち逃げして行方をくらました。肉体関係のあったカナブンも捨てて逃げた。

所収

単行本 青林工藝舎より

2003年初版発行 ISBN 4883791416


関連タグ

丸尾末広 みどり 鞭棄 カナブン ワンダー正光 月刊漫画ガロ

関連記事

親記事

丸尾末広 まるおすえひろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「少女椿」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「少女椿」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7803061

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました