ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

薔花

そうか

薔花とは、韓国発のターン制SRPG『ラストオリジン』に登場する戦闘バイオロイド(生体アンドロイド)である。
目次 [非表示]

図鑑データ

所属エンプレシスハウンド
No154
等級SS
タイプ軽装型
役割攻撃機
身長156㎝
体重49㎏
身体年齢???
CV友利優李乃
絵師Taesi

「………くたばれ」


概要

韓国発のターン制SRPGラストオリジン』に登場するバイオロイド


ブラックリバー社の総帥であるアンヘル・リオボロスの腹違いの姉である「リオボロス家の女帝」ことマリア・リオボロスが作った暗殺及びテロ戦闘集団「エンプレシスハウンド」のメンバーだった。

イベント『蓮花と陰に咲く薔薇』(2022.09.07-2022.10.06)にて初登場。

人類滅亡後は鉄虫を相手に破壊の日々を過ごしていたが、ヨコハマに上陸したオルカのメンバーにマングースチームを見つけ、戦闘を仕掛けてくる。

名前の由来は韓国の古典怪談『薔花紅蓮伝』に登場する姉妹の姉から。

2022年11月30日、早くも外伝ストーリーが実装された。


CVを担当した友利優李乃もラスオリをプレイし始めたそうで、twitterにて薔花のイラストをアップしてくれた。


容姿

セミショートの赤い髪に黒い薔薇の髪飾り、黒いコートが特徴。コートの裏には手榴弾を何個もぶら下げている。両手に装着したガントレットのようなグローブの指の先からは、あらゆる物を切断する特殊コーティングされた刃鋼線をなびかせており、これが薔花の最大の武器。

髪や赤い瞳と右目の連続する泣きぼくろから分かるように、C-77紅蓮の遺伝子データをマリアが盗み出し、それを元に製造したのが薔花である。

センシティブな作品

ただしピアスや薔薇の棘を模した刺青は元々はなく、これはゲームに登場する薔花が自分でピアスを付けたり刺青を入れた模様。普段は皮のホットパンツを着用。

目立たないが八重歯が生えており、笑った表情などで確認出来る。


性格

容姿にあるようにマリア・リオボロスが紅蓮の遺伝子データを盗み出し、それを元に製造したバイオロイド。

よって「商品」ではないので当然ながらエマソン法は適用されておらず、人類滅亡前もテロ行為の際は人間や他のバイオロイドも笑いながら殺害していた、極めて残忍な性格。

紅蓮の妹という自覚はあるようで、紅蓮の事を「お姉ちゃん」と呼びながらも、何度も紅蓮やマングースチームを付け狙う。

ある意味シザーズリーゼブラックリリスソワンヤンデレ3人娘に負けず劣らずの執着心の持ち主。

オルカに合流した後も司令官(主人公)に対し、最初は「あんたって凄い無警戒だよね」と非常にそっけない。

しかし好意度が100を超えるとリーゼ、リリス、ソワンに負けないヤンデレじみた執着心を主人公に対して見せるようになる。


『蓮花と陰に咲く薔薇』のエンディングでは「あなたが私を憎んでいようと、私はあなたを家族だと思っている」との紅蓮の説得に心打たれたのかオルカ号に乗艦するが、数日もしたころ「やっぱり降りる」と言い出した。

「あれだけ迷惑をかけたし、まだ気持ちの整理がつかない」との理由だったが、紅蓮は怒ることなく非常食や医薬品の入ったリュックを薔花に渡し、笑顔で見送るのだった。


その後はオルカが制圧した日本で一人過ごしていたが、メインストーリー第9章終盤に全世界で突如活性化した鉄虫が日本に再び襲来した際には、動機に戸惑いながらもかつての同僚チョナと共に非戦闘員バイオロイドの脱出を支援するため殿(しんがり)を務め、最後の船でスヴァールバル島に脱出。

その後の時系列であるイベント『箱舟と春待つ護り手』(2022.12.28-2023.03.08)では島内で鉄虫やレモネードデルタの軍勢と戦っていたところをトリアイナ率いる探索隊が発見。トリアイナやグラシアスに説得され、チョナと共に正式にオルカに復帰し仲間になる。


性能

綺麗な薔薇には棘がある」を地でいく、孤高のヤンデレ少女。

アクティブスキル1・2を遠隔操作出来るアクティブ『遠隔爆弾撃発』がかなり強力。

また、素でクリティカル率150%を持っているので、クリティカルにステータスを振る必要が一切ない。

そのためステは丸々攻撃や命中に振れるので、高い攻撃力を持つことが可能。クリチップなどのクリティカル系装備を使う必要も無いため、装備面での自由度も高い。

防御貫通も57%、隣接した味方が2人で更に+38%でトータル95%と高く、バフデバフ+Lv2か好感度200で防御貫通が100%に達する。

部隊の攻撃機が薔花のみならバリア・被ダメージダウン効果無視が付く。

モードチェンジの布石となるアクティブスキル2『強化ワイヤ』にはヒットしなくても発動する回避バフ解除が付いており、『ライトニングボンバー』のような異常な回避率を持つ鉄虫にも対策可能。


欠点としては、素のクリティカル150%の代償として敵が撃破されるたびに連続でクリティカルが減少していく。

しかも薔花以外が倒しても問答無用で減らされてしまう。


育成だがステ振りは命中と攻撃のみで良い。

フルリンク(他のゲームでいう完凸)ボーナスはバフ・デバフ+Lv2一択。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

장화!センシティブな作品


関連項目

ラストオリジン バイオロイド

暗殺者 赤髪ショート 泣きぼくろ 赤目 下乳 八重歯 ヤンデレ チョロイン ホットパンツ 見せTバック


장화:ハングル表記


関連リンク

ラストオリジン公式サイト


公式動画

関連記事

親記事

エンプレシスハウンド えんぷれしすはうんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 651905

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました