ピクシブ百科事典

ガンダムジエンド

がんだむじえんど

ガンダムジエンドとは、TVアニメ「ガンダムビルドファイターズトライ」に登場するガンプラである。
目次[非表示]

概要

私立ガンプラ学園のレギュラーチーム「ソレスタル・スフィア」に所属するガンプラファイターアドウ・サガの使用するガンプラ。機体番号「RX-END」。
全身に数々のギミックを内包し、それを駆使する事で死角の無い戦闘を展開する多機能機だが、これは対戦相手に合わせて装備を切り替えるのではなく「敵を正面から叩き潰す」というアドウの戦闘スタイルを体現した結果であり、一方的に相手を粉砕する為の装備を満載した結果、このような機体となった。

バトル開始直後や遠距離戦ではアクティブクロークを閉じたガード形態で活動する。
この状態ではプラフスキー粒子で生成されたマントでその身を包む事によって外観から戦術を読み解かれないようにしているが、この状態では格闘戦を行うことはできない。
しかし、クロークを展開する事によってアタック形態へ移行すれば、全ての兵装を即時使用可能になる。ただし、このアタック形態はアドウがバトルで本気を出さなければ使用される事は無い(逆説的に解けば、このアタック形態へ移行させた者は、アドウに認められたファイターであると言える)。

他のソレスタル・スフィアのファイター達が使用するガンプラと同様にこの機体に明確なベース機は存在しないが、基本形状やアクティブクロークはガンダムデスサイズヘルを参考にしており、ガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロンと同様の大型クローアーム、デビルガンダムガンダムヘッドガンダムスローネのGNファングを搭載するなど、歴代のガンダム作品に登場するライバルガンダムをイメージした機能を多分に含んでおり、これを操るアドウがそういった機体に執心している事が伺える。

一方で、推進系や武装の一部に「機動戦士ガンダム00」のそれを引用しているものの、「ガンダム00」にモチーフを絞ったキジマ・ウィルフリッドトランジェントガンダムキジマ・シアG-ポータントと比較した場合、「ガンダム00」以外の作品のモチーフを取り込んでいる事もあり、その改造コンセプトの異質さが際立つ。

デザインは石垣純哉
曰く、歴代の悪役ガンダムのイメージを贅沢かつ下品に詰め込んだ機体であるとの事。

武装

ビームサーベル

近接戦闘用のビームサーベル。
機動戦士ガンダム00」のガラッゾや「ガンダム Gのレコンギスタ」のエルフ・ブルのようにマニュピレータの指先に備えられている。
格闘戦ではフィストジエンドなどをメイン武装とする他、ガード形態では腕部の可動範囲が限られる事もあって使用出来ない。その為、フィストジエンドが使用出来ない状況でのフェイルセーフティ的な意味合いが強い装備である。

ショットジエンド

シングルアクションタイプのリボルバー拳銃を模した大型ハンドガン。
ハンマーや弾倉まで作りこまれており、主に中・近距離戦で威力を発揮し、DEファングの弾幕を掻い潜った相手を迎撃する目的で使用される。
非使用時にはサイドスカートにマウントする。

フィストジエンド

両肩に装備されている大型クローアーム。蛇腹状のアームによってバックパックに接続されており、フレキシブルに可動する。
指部にはDEファングが内蔵されている他、甲部はシールドの機能を備え、掌部分にはデビルガンダムガンダムヘッドを有しており、これを展開する事でバイトフィストが顕となる。
また、その広い可動範囲を活かしアタックモード時に低下する防御力を補う為の盾としても用いられる。

DEファング

フィストジエンドの指先に内蔵されているGNファング
制御はオートの他、ファイターの手動操作も可能。アドウは特訓によって大量のファングを手動操作する術を身につけている。
銃の弾丸を模した形状をしており、射撃能力こそ持たないものの刺突攻撃時には高い貫通力を発揮する。
複数のファング同士を結合させる事で大型ファングとして使用可能であり、これによって破壊力を増す事ができる。

デッドエンドフィンガー

フィストジエンドの掌に配されたバイトフィストを白熱化し、対象を噛み砕く必殺技。
ゴッドガンダムゴッドフィンガーのようにバイトフィストから高出力ビームを発射する事も可能。
その性質上、デビルガンダムのデビルフィンガーをより必殺技らしくリファインした物であるとも言える。

アクマッガイ形態

腹部アーマーと両肩の装甲を展開する事によって完成する特殊形態。
両肩装甲の下にはセンサーが備えられており、腹部アーマーは上下に展開する事で巨大な口となる事で巨大な顔を形成する。
胸部アーマーを展開する事で現れる口は接近戦で威力を発揮し、相手を捕食するように噛み砕くことが出来るほか、敵のビームを吸収する事も可能となる。
なお、その衝撃的な名称はプラモのインストカードで初めて明かされた。

最終脱ガンダム形態

アクマッガイ形態時に露わになる口の中に隠されているユニコーンガンダムに似た小型ガンプラ「イッカク」を開放した形態。
イッカクは特徴的な角を相手に突き刺しての攻撃に用いられる他、デストロイモード「ツノワレ」への変身ギミックも備えられている。
しかし、この変形・収納機構を搭載した関係上腹部周辺はその構造上ある程度の脆弱さを持ちあわせており、この部分に対する攻撃は比較的致命傷になりやすい。

関連項目

ガンダムビルドファイターズトライ
アドウ・サガ ガンダムデスサイズヘル ベアッガイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムジエンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24803

コメント