ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アドウ・サガ

あどうさが

アドウ・サガとは、アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の登場人物である。
目次 [非表示]

CV:細谷佳正


人物像

私立ガンプラ学園に在籍するガンプラファイター。学園のレギュラーチーム「ソレスタルスフィア」の一員。

対戦相手を完膚なきまでに叩き潰す戦闘スタイルから「デッドエンドのサガ」の異名を持ち、これまで破壊したガンプラは1000体を超えると言われている。

荒い言動と素行の悪さに加え、大柄な体格の持ち主である事から、その異名に違わぬ近寄りがたい雰囲気を醸し出す。

過去にコウサカ・ユウマを粉砕しガンプラバトルに対する情熱を失わせる遠因を作った張本人であり、ユウマにとっては因縁の相手。


自らの技量に絶対の自信を持ち、自らを超える実力を持った強者に飢える素振りを見せる一方で他者、特に弱者や敗者を見下す傾向が強いが、バトルに対する情熱は本物であり、強敵には正々堂々と挑む武人肌の持ち主でもある。また、弱者や敗者と断じた相手でも闘志を捨てずに挑んでくるものとみた相手には彼なりに認める部分も持ち合わせている。それ故に、本気で向かってきたカリマ・ケイ相手に対戦拒否行為をしたチームメイトのキジマに対しては唖然とし苦言を呈している。


かつてガンプラ学園に在籍していたスガ・アキラを補欠と断じ、スガを擁する宮里学院のチーム「Gマスター」に勝利したチーム「トライ・ファイターズ」の実力を軽んじるなど攻撃的な言動が目立つ。ただし、その言動は自らの実力に裏打ちされたものであり、練習試合にて全国常連チームをたった一人で全滅させるなどファイターとしての実力は高い。

チームメイトにしてライバルであるキジマ・ウィルフリッドの力量を認めており、彼の孤独を察する数少ない理解者。彼の妹であるキジマ・シアに対しても、そのガンプラ製作技術に全幅の信頼を置いており、その見た目に反してチームメイト達との関係は良好である。


戦績

使用ガンプラガンダムジエンド

かつてはハイドラガンダムの改造機「クルーエルガンダム」を使用しており、そのプレイスタイルも相まってアナザーガンダムのライバル機体、いわゆるゲテモノガンダムを好む傾向が強い。


過去に負った右手首の怪我もあって暫くチームを離れていたが、ニールセンラボの合宿で復帰。この段階ではまだ本調子ではなかったとは言え我梅学院のガンプラバトルチーム「ホワイトウルフ」を単機で一蹴し、またユウマ達トライ・ファイターズを苦しめるなど、ガンプラ学園のガンプラファイターとして高い実力を見せつけた。


その後、怪我が完治していない状態にありながら全国大会へ参戦。シード校であるガンプラ学園の緒戦である第二回戦ではシアのG-ポータントに見せ場は譲ったものの、その後の試合では「デッドエンド」の二つ名に恥じないバトルを展開しトーナメントを勝ち進み、準決勝でルーカス・ネメシス擁するグラナダ学園のチーム「フォンブラウン」と対戦。ルーカスの策に翻弄され被弾を許すが、ウィルフリッドが彼の策を看破した事で戦況は一気に好転。しかし、この際自機が被弾していた事もあり、ルーカスとの決着はウィルフリッドへ譲っている。


決勝戦に於いてはドクターストップが掛かる程に怪我が悪化しているにもかかわらず、大量のGNファングを手動で操作し、因縁の相手となったユウマの駆るライトニングガンダムフルバーニアンと対決。

試合中に怪我が完治していない事を理由にアラン・アダムスから棄権を薦められるが、それでもお互いにキジマ・シアホシノ・フミナをサポートに加え激戦を繰り広げた。

壮絶なバトルの果てにユウマとは相打ちという形に終わったものの、本気で戦う事が出来た事もありその評定は清々しいものであった。

全国大会終了後は右手首の怪我の治療に専念している。


関連項目

ガンダムビルドファイターズ

アラン・アダムス キジマ・ウィルフリッド スガ・アキラ キジマ・シア

コウサカ・ユウマ

ガンダムジエンド ハイドラガンダム

オルガ・イツカ…ガンダムシリーズの中の人繋がり

関連記事

親記事

ガンプラ学園 がんぷらがくえん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました