ピクシブ百科事典

ワーカホリック

わーかほりっく

仕事熱心をこじらせた結果、仕事が好き過ぎてたまらなくなってしまい、一種の狂乱状態に陥っている社会人と、その現象のこと。

ワーカーホリック

仕事熱意を注ぎ過ぎるが故に、家族や自身の生活や健康さえ犠牲にして働いてしまう状態のこと。日本における「過労」の原因の一つである。

また、部下や後輩、時には上司の社会生活や人生を破壊してしまうという弊害もある。

一般には「仕事中毒」と訳されるが、どちらかと言うと「仕事依存症」である。
(“workaholic”という言葉自体が“alcoholic”(アル中)に由来するので、当然ではあるが。)

純粋に働くこと自体が好きな人が、常人からすると異常と思えるほどに働いている」様を表すときにも使われるが、正しいニュアンスとは言えない。「働くことが好きな人」にとっては労働は好きなことをしている幸せな時間であり、心身ともに苦痛を伴うモノでは無い。

ワーカーホリックとは、仕事をしていないと不安感・強迫観念に苛まれるほど精神的に思い詰めている状態であり、精神衛生上は危険な状態である。

この傾向は男女によってかかりやすい年齢層にバラつきがあり
どういう訳か、男性では20代後半から30代半ば、女性では40代半ばから50代前半に典型的なワーカーホリックが多い。

これは男性の場合は「仕事で一種の『できる』体験からアドレナリンが入り、覚醒状態になってしまう」、女性の場合は「子育てが一段落し、子供が反抗期になるなどして、そこから現実逃避をするために仕事に逃げる」のが原因とも言われているが、男性も、「女性も」、未婚者の割合が異常に多いのが事実。

結果として会社の雰囲気を破壊し、「帰れない」空気を作り、余計な人件費を出してしまうため、会社にとってもマイナスになる場合が多いとも言える。最悪の場合、離職率の増加という悪循環を生み出す要因になる。

心当たりのある方は今一度思い返していただきたい。労働とは生活をするための手段・自己実現のために行うものであり、自己を破滅させるために行うモノでは無いのだということを。


関連タグ

職業病

関連記事

親記事

職業病 しょくぎょうびょう

pixivに投稿された作品 pixivで「ワーカホリック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 448848

コメント