ピクシブ百科事典

Zプラス

ぜーたぷらす

Zプラスは「ガンダムセンチネル」に登場した架空の兵器である。
目次[非表示]

MSZ-006A1(MSK-006A1) ZプラスA1型

エゥーゴの同盟組織カラバが、Ζガンダムを大気圏内専用機として再設計した可変量産型MS。開発にはアナハイム社も関わっている。

可変機(TMS)の傑作として名高いΖガンダムのウェイブライダーモードが持つ「MSを迅速に前線に投入可能」というメリットに着目し、変形構造が複雑で高価なことがネックなΖガンダムから機能を絞り込んで安価な量産機とすることがこの機体の目指すところであった。

機体構成はΖガンダムに準じているが、変形機構が若干簡略化され、ムーバブルフレームの性能がΖガンダムに比べて向上した結果、機体構造自体の信頼性も高まっている。また、行動範囲を大気圏内に限定したため、背面は百式に採用されていたフレキシブル・バインダーに変更されている。このバインダーはMS時にはAMBACによる姿勢制御、ウェイブライダーモードではVG翼(可変後退翼)として機能する。

Ζガンダムではシールドも兼ねていた機首部分は、Ζプラスでは呼称が「変形用サブユニット」となっている。先端にはセンサー等の複雑な機器を内蔵している為、シールドとしての機能は無い。また機種によってはサブのジェットエンジンや武装が内蔵されている。

機体は空戦時のロービジビリティ(Low Visibirity:低被視認性)を重視したグレーとブルーに塗装され、兵器的でストイックな印象を持たせている。ちなみに、MS形態での機体形状は人型を若干外れており、ヒーロー性は少ないデザインとされている(腕部や脚部が人間の関節よりかなり外側の位置から生えており、どちらかといえば怪人然としたフォルムとなる)。

カラバによってエース向けに少数が生産されて配備数に見合わない実績をもたらし、後に性能・コストパフォーマンス共に優れるアンクシャが正式配備された後も、カフカスの森をはじめとした地球連邦地上軍の一部施設において複数の機体が継続配備されている。
なおカフカスの森で共に警備していたグスタフ・カールのコックピットからは、「MSZ-006C1」と識別されている。ただの誤表記か既存のC1型を改修したのかは不明。

武装

頭部バルカン砲

連邦系MSが標準装備する60mmの牽制用機関砲。

大腿部ビーム・カノン

ムーバブルフレーム直結型の射撃兵装。Zガンダムのビームガンから発展した武装で、サイドアーマーやビームサーベルのラックも兼ねる。MS形態時にマニピュレータを使わず射撃できるのが最大の利点。また、AMBAC作動肢として細かい姿勢制御に用いられる他、ウェイブライダー形態時も主兵装として機能する。

ビームサーベル

ビーム・カノン横のラッチに収納されている。本機は可変機故に防御力が低下しているため、やや格闘戦は不向き(「チャンバラも出来なくもない、程度のMS」とされている)。

ビームライフル

A1用装備として後付けで設定されたもの。型式番号は不明。威力はΖガンダムと同程度。Eパックは百式リック・ディアスガンダムMK-Ⅲと共通のスネイルタイプのものを使用する。
なお、UC0096年代にはリゼル用の物を装備している。

ビーム・スマートガン

C1型の変形用サブユニットに装備された長距離射撃用ビーム砲。ディスク・レドームとの連動で高い命中率を誇る。

バリエーション

アムロ・レイ専用機

ガルダ級輸送艦アウドムラに配備された第18飛行小隊の隊長であるアムロ・レイの専用機体。ZプラスA型の試作1号機でもある。
0087年11月のB型完成まで、12月の「空戦能力向上機」データ収集の2回にわたってアムロ・レイが機動テストを行い、その後はデモンストレーション用にリペイントを繰り返され、プロパガンダ用として使用された。カラーリングはオレンジと白のツートンカラー(実在の戦闘機・F-18試作6号機をモチーフにしている)。

MSZ-006A1B ΖプラスA1B型

A1型からの改修機。A1型を攻撃機として改良したタイプで、ウェイブライダーモードをメイン形態とする。機首にガトリング砲を装備し、翼のハードポイントには対地攻撃兵器を搭載可能。

MSZ-006A2 ZプラスA2型

頭部にメガキャノンを装備したタイプ。A1型から6機が改造された。このメガキャノンのデータはZZガンダムの開発に生かされているが、本機自体は3機の実戦配備以外はパーツ交換用に分解されている。

MSZ-006A3 ZプラスA3型

機体コントロールフィンを増設するなどA1型の性能向上型として計画されたが、試作機1機が作られただけで増産はされなかった。

MSZ-006B ΖプラスB型

TMSの訓練用にA1型を複座式に改造した練習機。

MSZ-006BN ΖプラスBN型

A1型に対地・対艦攻撃仕様の改造を施した機体。主翼や安定翼が大型化し、サブユニットには熱核ファン・ジェット・エンジン2機が搭載されている。

MSZ-006C1 ZプラスC1型

A1型が可変機としては比較的安価であったこと、そして運用経験から変形機構の熟成とムーバブルフレームの性能向上が進んだことを受けて、地球連邦軍がアナハイム社に宇宙戦用としてもう一度再設計させた機体。

空間戦闘用の装備を付加すると共に、背部にスラスター4基を内蔵したバックパックとプロペラントタンクを装備して推力を強化している。加えて月面降下~再浮上のミッションにも対応し、母艦で調整すれば大気圏再突入も一応可能と、コストパフォーマンスの高い優秀な機体と言える。但し、装備の関係で空力抵抗や重心の前方への偏重が生じるため、大気圏内の飛行は不得手。

MSZ-006C1Bst] ZプラスC1Bst型「ハミングバード」

Ex-Sガンダム用のブースター・ユニット4基を肩部装甲・脚部ユニットの代わりに装着したタイプ。ディープストライカーの随伴機として計画され、C1型のビーム・スマートガンに加えSガンダム用のビーム・スマートガンやビーム・カノンを装備した超高速・大火力攻撃機となる筈だったが、ディープストライカーの廃案に伴い本機も計画のみに終わり実機は製作されなかった。
なお、一部立体模型やゲーム等でMS形態の設定がされているが、本来はウェイブライダーモードのみを想定された機体である。

MSZ-006C2 ΖプラスC2型

A2型と同じく、C1型にメガキャノン装備型の頭部をセットしたタイプ。

MSZ-006C4 ΖプラスC4型

Zガンダムと同様のフライング・アーマー型バインダーを装備したタイプで、由緒正しい真意の「ウェイブライダー」に変形できる希少な機種。謂わばZガンダムの完全再現である。敵の大気圏再突入時の奇襲攻撃などで戦果を挙げた。

MSZ-006D ZプラスD型

空戦能力に優れる大気圏内専用機種で、C型をベースにC型のパワーとA型以上の操縦性を要求事項として開発され、航空機然としたフォルムのウェイブライダーモードは大気圏内戦闘機としても一級品の性能を得た。大腿部ビームカノンは大型化し、熱核ファンジェット・エンジン2基を収めたバックパックが追加され、サブエンジンを積んだ超大型のサブユニットを装備しているため、MS形態は「かなり人型を外れた、不思議なMSになる筈」とコメントされている。

MSZ-006E ΖプラスE型

EWAC仕様機で、センサー面が大幅に強化されている。但し、シリーズ中最もハイコスト。

MSZ-006R(RGZ-006) ZプラスR型

バックウェポンシステムの評価試験機。TMSの構造の複雑化による高コスト化を抑えるために、非変形MSにサブフライトシステムを付加してTMSの利点を持たせる研究用に試作された。プロトタイプ・リ・ガズィとも呼ばれており、これを更に開発を進めたものがリ・ガズィである。

劇中での活躍

ガンダムセンチネル』における主なパイロットはテックス・ウェストシグマン・シェイドチュン・ユン
α任務部隊旗艦・ペガサスⅢにC1型が2機配備され、初期はウェストとシェイドが搭乗し、Sガンダムの随伴機として行動していた。とはいえ、さほど大きな戦果を挙げる描写はなく、月面上ではシェイド機がジョッシュ・オフショーゼク・アインによって撃墜されている(機体自体は回収され、シェイドも無事であった)。
地球軌道上の最終決戦ではシェイドとチュン・ユンが搭乗、ニューディサイズ残党が奪取したシャトルとその護衛機であるゼク・ツヴァイの撃破に奮戦。チュン・ユン機は大型MAゾディ・アックの射撃から合体中で無防備なSガンダムを庇って爆散したが、シェイド機は無事に戦いを切り抜けて大気圏再突入を果たし、大気圏内でガルダ級輸送艦に収容された。

ガンダムUCではカフカスの森において警備にあたっていたA1型が登場したが、ロンド・ベルのジェスタに不意を突かれ取り押さえられてしまうという端役扱いであった。
グスタフ・カールのコックピットからは、C1型と識別されていた。

関連イラスト

ZプラスA1〔テスト機カラータイプ〕
ゼータプラスC1



関連タグ

ガンダム・センチネル 機動戦士ガンダムUC
Ζガンダム ZZガンダム リ・ガズィ リゼル デルタプラス

pixivに投稿された作品 pixivで「Zプラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160225

コメント