ピクシブ百科事典

ネオガンダム1号機

ねおがんだむいちごうき

『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場するモビルスーツ。

概要

黒い塗装を施されたネオガンダムの試作1号機。
外見上はカラーリングの差異しかないが、内部的には大きく異なっている。
最大の特徴はブッホ・コンツェルンとの裏取引の末に入手した「ネオ・サイコミュ・システム」を搭載した仕様である点。
要するにラフレシアと同じく脳波コントロールによる操縦が可能で、これにより機体のリミッターを必要とせず、2号機と違い機体の性能を最大限に引き出せることができるのが最大の特徴である。
よってスペック的には兄弟機となる2号機はおろか、ガンダムF91をも上回る基本性能を発揮することもできる。
それ以外、武装などの仕様は基本的に2号機と共通している。

活躍が描かれた漫画版ではバズ・ガレムソンが搭乗し、トキオ・ランドール達に強奪された2号機との戦いなどで運用されている。

関連項目

シルエットフォーミュラ91 ネオガンダム シルエットガンダム バズ・ガレムソン

関連記事

親記事

ネオガンダム ねおがんだむ

コメント