ピクシブ百科事典

シルエットガンダム改

しるえっとがんだむかい

RXF-91A シルエットガンダム改とは、シルエットフォーミュラ本編に登場しないモビルスーツ。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高15.4m
本体重量9.2t
全備重量21.7t
ジェネレーター出力4,890kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力91,480kg


概要

本機はダーク・タイガー隊との戦闘で損傷したシルエットガンダムに徹底的な改修を施した仕様である。胸部インテーク周辺からコクピットハッチに至る箇所の装甲強化、メインジェネレーター出力向上、スラスターの増設、新型ヴェスバーを初めとする武装類の換装により、さらなる高次元の性能を獲得している。総推力は若干低下しており、装甲の分だけ重量が増しているものの、AMBAC機能の強化により機動力は向上している。

型式番号に使われている「A」は、「ADVANCED(アドヴァンスド)=次の、新しい」という意味を持っている。総合性能ではネオガンダムに及ばないものの、瞬発的な機動力や運動性能ではネオガンダムを上回る側面を有する。

本機は試験用のテストヘッドとして建造された関係上、メンテナンス体制が確立されており、機体に対応したオプションユニットも同時に建造を進めていた。各種アライメントのマニュアル操作を前提に設計されているため、本機の改良は比較的スムーズに行うことができた。
本機は以後のMS開発研究のために様々な機能を導入し、アナハイム内部における小型高性能MSのスタンダードとして活用されたとされている。現に新型ヴェスバーの機能の一部は同時期に開発された機体にも流用された。


武装

ビームライフル

改修前より銃身が長くなり連射機能が強化された。銃口底部にグレネードを追加。

ビームサーベル

ヴェスバーの換装と同時に強化型に改良。改修前より出力が高い。

グレネードランチャー

右前腕部にあったスプレーガンを本装備に換装。砲身が短くなったことで取り回しが良くなっている。

シールド

形状自体はシルエットと同様。強化コーティングにより基部の耐弾性能が向上、ジェネレーターの強化により出力自体もアップした。

ヴェスバー改

本機でもっとも変更された箇所。クランク構造によって本体と接続されAMBAC機能を有している。
シルエットフォーミュラ計画での実働データを導入し、カウンタースラスターやサブノズル、ランダムスラスターユニットとしての機能を盛り込み、本機の機動性能や運動性能を引き上げている。
この新型ヴェスバーにはネオガンダムのGバードの技術がフィードバックされており、出力自体も強化されている。サブウェポンがビームキャノンからライフルに変更されているが、これはヴェスバーそのものの性能が向上し、強力な武装が必要なくなったため。
シルエット改のヴェスバーは武器としてだけでなく、可変スラスターユニットとしても有効という証明を見せた。武器を可変スラスターにする発想は本家のヴェスバーに無かったもので、サナリィでも後発のMSで参考にするほどの性能であった。


活躍

本機はシルエットフォーミュラ作品の内現在絶版となっている「MJ」誌で掲載されていた小説版でのみ登場する。
プラモデル説明書版のストーリーはなぜか前のネオガンダムで尻切れトンボで終わっており未登場となった(事件後に改修されたためであろう)。その理由のため、漫画版でも登場しなかった。


関連項目

シルエットフォーミュラ91  シルエットガンダム
ネオガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「シルエットガンダム改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3513

コメント