ピクシブ百科事典

ヴァルター・フェルモ

ばるたーふぇるも

ヴァルター・フェルモとは、配信アニメ『機動戦士ガンダムTwilightAXIS(トワイライトアクシズ)』の登場人物である。

CV:増田俊樹

概要

アクシズに調査に入った『マスティマ』を強襲した武装集団、「バーナムの森」に所属する強化人間。貌の中心を水平に走る傷跡が特徴。
極めて好戦的な性格だが、戦場においては双子の兄であるクァンタン・フェルモの命令に忠実に従い、乗機バイアラン・イゾルデによる高機動戦闘で、敵部隊を殲滅する。

元々は地球連邦軍の艦長(佐官クラス)を父に持つ、裕福な家庭の子息であったが、デラーズ・フリートがコウペイトウにて起こした観艦式への核攻撃によって父を失い、以降は双子の兄(クァンタン・フェルモ)と共にストリートチルドレンとして生きていた。
素養”、双子特有の交感能力共に(性格的要因もあってか)兄より一段劣っており、ヴァルターが原因となって軍警察に捕まる事となった。

通常ならそのまま収監所行きとなっていたはずだが、“素養”を有していたが故に軍のオーガスタ基地に併設されたニュータイプ研究所へと引き取られ、その最後の被験者となる。この時代に、兄クァンタン・フェルモと共に、双子ならではの交感能力を含めた実験、強化施術を受けており、“素養”だけでなく肉体的な強化も受けている。

しかし、宇宙世紀0088年ティターンズが瓦解すると、研究所はその非人道的な所業の数々が明るみに出て、世論の弾劾によって閉鎖となり、フェルモ兄弟はこの時の騒動に紛れて、出奔を敢行。ヴァルターは一瞬の油断により、警備員のナイフによって貌に傷を負ったものの、そのまま出奔に成功する。
以降は裏社会で傭兵業によって糊口をしのぎ、やがてそれなりに名を知られる存在にまでなっていった。
最終的に、ブッホ・コンツェルンの会長シャルンホルスト・ロナの目にとまり、現在に至る。

バーナムにおける自らの処遇にも満足しているようであるが、それ以上に兄・クァンタンに対する敬意を行動原理として、作戦を遂行する。

関連項目

機動戦士ガンダムTwilightAXIS
クロスボーン・バンガード バイアラン・イゾルデ
クァンタン・フェルモ 強化人間

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムTwilightAXIS きどうせんしがんだむとわいらいとあくしず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァルター・フェルモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 419

コメント