ピクシブ百科事典

ホントの最終決戦

ほんとのさいしゅうけっせん

本来は「ラスボスを倒した後に始まる、真の最終決戦」という意味。ここではゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのイベント戦について説明する。
目次[非表示]

ホントの最終決戦(ほんとのさいしゅうけっせん)は、ゲーム大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのイベント戦のタイトル。

概要

すべての隠しキャラクターを出現させ、かつ、「ホントの最終決戦」以外のすべてのイベント戦をクリアすることで登場する、最後のイベント戦。
スマブラDXスマブラXスマブラWiiUの3作品に登場するが、単にホントの最終決戦といった場合、通常はDX版を指すことが多い。
ちなみに64版およびスマブラ3DSには登場しない。

DX版

おそらく、歴代のホントの最終決戦の中でも最も人気があると思われる。
全ての隠しキャラクターを解禁すると出現する、全50ステージのイベント戦を全てクリアすると最後に51ステージ目として登場する。
ガノンドロフミュウツーギガクッパという任天堂が誇る三大ボスがチームを組んでプレイヤーに最後の戦いを挑んでくるという内容のイベント戦。
一撃が重いガノンドロフ、飛び道具及び念力による投げ技の援護が厄介なミュウツー、そして巨体にものを言わせた長いリーチでプレイヤーを執拗に攻め立ててくるギガクッパといずれも強敵揃い。もちろん難易度も尋常じゃなく高い。生半可な腕前では敵のストックを満足に減らす事もできないまま3体の敵にフルボッコにされて敗北、ということも珍しくない。
集団と戦う場合の基本事項として敵の頭数を減らすことを念頭に置いて戦おう(後述のX版やWiiU版にも同じことが言える)。あとはプレイヤー自身の不屈の精神がものを言う。
このステージをクリアする事で、「終点」のステージがようやく対戦プレイでも選択可能になる。対戦プレイで終点を出すのに苦労したプレイヤーは少なくないだろう。

X版

本作では他のゲームメーカーからの特別参戦を配慮し、コナミ代表のスネークセガ代表のソニック・そして任天堂代表のスーパーマリオ巨大マリオ)の3人と戦うこととなる。
DX版と比べると大した衝撃や強さはなく(とはいえ巨大マリオの強さはギガクッパ同様、他のキャラとは一線を画しているが)、クリア後の報酬も用意されていないため、あまり印象に残らないというプレイヤーも少なくないかもしれない。

WiiU版

X版同様、ゲストキャラとの対戦。
前作のマリオ、ソニックに加え、バンダイナムコゲームス代表のパックマンカプコン代表のロックマンの計4人と戦う。

関連タグ

スマブラ 任天堂 終点 ギガクッパ ガノンドロフ ミュウツー スーパーマリオ ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソリッド・スネーク ロックマン パックマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ホントの最終決戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159

コメント