ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「三爪痕を知っているか?」

概要

CV櫻井孝宏
.hack//G.U.』以外にも複数の作品で主人公を務める。
モルガナの第一相「死の恐怖」スケィスを持つ碑文使い。

1st ハセヲくん


1stフォーム

The Terror of Death


2ndフォーム

死の恐怖


3rdフォーム

ハセヲ


B-stフォーム

無題


Xthフォーム

The World R:2

黒衣の錬装士のPKK(Player Killer kill)
ネットゲーム内で他のプレイヤーキャラを殺害するプレイヤー(Player killer)を狙い、更に自分がそのプレイヤーキャラを殺害するという傍から見れば異常なプレイスタンスをとっている。
目がどす黒系と言われたりやさぐれPKKと呼ばれたり色々な意味で主人公らしくない人物。
基本、彼の職業(ジョブ)である錬装士(マルチウェポン) は器用貧乏なジョブであるため強くはない筈なのだが、持ち前の才能で使いこなし、『死の恐怖』の名で恐れられている。その有り得ないほどの実力は、PK百人同時に相手をして勝利するなど数多くの逸話を生み出すほど。

だが、彼のPKKはゲームの遊びとして快楽的に行っているのではなく”自分以上に有り得ない存在”である、とある伝説のPKを探し出すための行為であった....。


G.U.本編より8ヶ月前、友人に誘われ初めて『The World』にログインしたハセヲは親切なプレイヤーを装ったPKに騙されキルされてしまう。
死亡状態であった彼を救ったギルド、黄昏の旅団のマスターであるオーヴァンはハセヲだけが使える”特別な力”を指摘し、「強くなれ」と言い残してその場を去っていった。
その後、同ギルドの副団長を務める志乃に誘われたこともあってギルドに入団し、オーヴァン達と共に”キー・オブ・ザ・トワイライト”なる伝説のアイテムを追い求める事となる。
しかし、数ヶ月後にオーヴァンは謎の失踪を遂げ、旅団は解散。志乃に淡い恋心を抱くようになっていたハセヲは彼女を支えるべく共にオーヴァンを待ち続け、現実でも代わりに支えていくことを心に誓った。

だがのちに、志乃はグリーマ・レーヴ大聖堂にて三爪痕に傷痕を刻まれ、後を追ってきたハセヲの目の前で消滅してしまう。直後、携帯電話の着信音が鳴り響き志乃の母親から現実の志乃が意識不明に陥ったことを知らされるのであった...。
見舞いに足繁く通いながらも、医師から原因が分からず治療も不可能である事実を知らされた彼は、想い人である彼女を救うために三爪痕を見つけ出し、始末することを決意する。

そして更に数ヶ月後、高難易度の異常クエスト「痛みの森」によりLv133、3rdフォームとなったハセヲは、三爪痕の情報を集めながらPK達を狩り続ける”死の恐怖”と化していた。
この頃は後述の通りリアルも性格も相当荒んでおり、見知った顔でも邪魔立てすればPKし、用済みとなったPKの首を切り飛ばすことすらも平然と行っている。

そして、RootsからG.U.本編へと続く――

物語の序盤、突然姿を現したオーヴァンから三爪痕がグリーマ・レーヴ大聖堂に戻ってくることを告げられる。探し求めた仇敵に挑むハセヲであったが圧倒的過ぎる力の前になす術も無く敗れ去り、データドレインによりPCを初期化されてしまう。これによりハセヲの物語は最初から”再び始まる”こととなる。


最初は”志乃の救出”という目的の為なら他者を切り捨てる事も厭わない性格であった。
善意でハセヲに近づいてきた「初心者救済ギルド」のシラバスガスパーを元のレベルまで戻すためだけに使い捨て利用しようとしたり、志乃と同じ姿をした穏やかな少女、アトリに対しても意見が合わなければ悪態を吐き、行動を全て否定するような言動をする。

  • 特に”レベル上げ”と称して彼女がフィールド散歩を行った際に、激昂したハセヲが発した「無理。限界。...馬鹿じゃねえの、お前?」「このハリボテ世界のどこが綺麗だって言うんだよ!!」などのセリフは櫻井孝宏氏の熱演もあって、G.U.中でも名台詞の一つ。
極めつけには、いくら相手が悪質なプレイヤーキラーだとは言え、碑文の力を用いて相手プレイヤーの一生を奪う行為に手を染めかけても「自業自得」、「罰を受けて当然」など言い切るという、もはや主人公とは程遠いことも平気で行っていた。

しかしストーリーを追うごとに様々な人物と交流し、ぶつかりあっていくことで次第に成長してゆく。
そして、一人で戦っていた時には得ることが出来なかった、ゲームのレベルステータスなどでは推し量れない”大切な何か”に気付いていくようになる。


...また所謂ツンデレフラグを立てまくる人。(主にVol.3あたりのメールコンボで顕著)。最初は女性ばかりだったが次第に...。

戦闘スキル

2ndF


ゲーム中での性能は双剣大剣大鎌の三種類の武器を使いこなす万能キャラクターで、近距離、中距離、遠距離に対応できるバランスのいい武器構成である。
唯一魔法に関するステータスが低いもののそれが気にならない位に強く、最終的に「器用貧乏」とはほど遠いステータスとなる。

三爪痕にデータドレインされてキャラデータを初期化されてしまった為に双剣しか使えないが、2nd3rdとジョブエクステンドする度に使用できる武器の種類が増えていく。
使用可能物理スキルは全17種類で、習熟度レベルを上げるごとに修得が可能。威力とエフェクトも派手な攻撃を繰り出せるようになり、飛行、甲殻モンスター特攻スキルも充実している。
また、ゲームのシステム上スキルトリガー発動時には無敵判定となるため多少のゴリ押しが可能。
以下主な修得スキル
双剣

旋風滅双刃カマイタチを纏う多連撃。連撃中に当てると迫力のある視点変更がなされる。
無双隼落とし浮かした敵を高速で切り刻む。スーパーアーマー持ちだとミスすることも。
天下無双飯綱舞い滞空しながら周囲の敵を舞うように連続で切り刻む。SP消費も多い特大技。
大剣
虎乱襲力任せのV字斬りを放つ、大剣で最も基本的なスキルでSPの消費量も低い。
奥義・甲冑割甲殻特攻。敵の守りを貫いて切り上げる大ダメージ技。
秘奥義・重装甲破滞空しながら剣を連続で叩きつけ、最後は衝撃波で爆風を起こす特大技。
大鎌
輪伐わぎりと読む。小ダメージの範囲技だがSP消費も少なくアリーナ戦だと意外と重宝する。
蒼天大車輪滞空しながら回転斬撃を放ち、全範囲の敵に大ダメージ。大鎌でも派手な技の一つ。
輪伐乱絶閃悪魔の巨爪を召喚する特大技。見た目は無印の闇魔法「オルメアンゾット」に近い。

.hackまとめ


また、ストーリー終盤ではイリーガルな力であるXthフォームにジョブエクステンドする事により、本来The Worldには存在しない武器である双銃も使えるようになる。
使用可能スキルはブレードと銃弾の連続攻撃である「JUSTICE」と他の武器スキルの終わりに追撃が可能で、武器を自動的に双銃に戻すことが出来るダブルトリガー「JUDGMENT」。距離による威力依存の二挺マグナムで、近距離で撃つほど攻撃力が上がるが遠距離だと威力が下がる。
....のだが、この武器の性能が非常に強い、強すぎる
なんとこの武器は通常攻撃に敵を浮かす効果が付与されており、スーパーアーマー持ちではない小型モンスターや一般プレイヤーのPCは無抵抗のまま簡単に宙に浮かされてしまう。さらにボタン連打により一瞬で銃弾をリロード出来てしまう上、どんなに長距離でも最低1ダメージ入るため気楽に相手を浮かせながら無限にハメ続ける事ができてしまう。敵は文字通り蜂の巣になるまで地に足を付ける事ができなくなるという、憑神、ボス戦以外は無敵の武器である。
更に相手に近距離攻撃に対するカウンター能力があったとしてもそれを無視して攻撃し続ける事が可能な為、カウンター持ちが増える後半ではほぼ必須になってくる。

様々な喪失と苦労の末に手に入れたフォームであり、かつあの碑文の力が結びついた武器なのだから納得の性能ではあるのだが。
取り敢えず仕様外の力ではあるため、彼の名誉のためにも一般PCに対して乱用するのは避けたいところ。

なお、本来ならこの不正行為とも言える規格外のジョブエクステンドに一般プレイヤーはおろかCC社のゲーム運営すらも何故か突っ込まない。
もし入手した経緯が明るみに出ればCC社自身もタダでは済まず、偽造情報で対処しようにも反逆されれば管理者もお手上げなPCであるため、監視による現状維持で済ませたほうがよいという判断なのかもしれない。ちなみに一般プレイヤーからはアリーナチャンピオンの特別仕様として認識されている模様。

碑文使いとしての能力

ミ・ツ・ケ・タァ...。

リメイク死の恐怖


碑文使いPCであるハセヲはシステム管理者ですら知覚できない憑神(アバター)と呼ばれる特殊な能力に覚醒し、行使する。
憑神の力は如何なるプレイヤーキャラでも瞬殺してしまうどころか、現実世界の人間にまで危害を加える代物なので基本的にはAIDAや他の憑神などのゲームの外側に存在するイリーガルな相手に対し用いることとなる。(劇中で幾度か対人に用いられたが、そもそも、勝負にすらならないレベルなので戦闘ではなくムービーで終わらされている)
憑神バトルは通常戦闘とは全く異なり、時間の流れが異なる特殊な異空間を展開してハセヲの化身たるスケィスを召喚、操作して戦う。相手も常軌を逸した存在でありHPを0にしたところで倒すことは出来ないが、同時にデータドレインに対するプロテクトも剥がれる。この隙にデータドレインを当てることが出来れば撃破することができる。
ハセヲのスケィスもジョブエクステンドする度に姿を変え、成長してゆく。

なお碑文に覚醒した際に、あたかもハセヲを待っていたかのような台詞をスケィスがつぶやくが....。

その他の出演

.hack//TRILOGYでは、G.U.本編では未登場のB-stフォームなる姿も登場。三爪痕への強い怒りによって仕様外のジョブエクステンドを果たした姿。その見た目や風貌は3rdフォームの面影こそ残っているものの凶悪な獣とほぼ同然で、ハセヲ自身の理性は存在せず攻撃本能に身を任せた状態で活動する。劇中では大量の武器を異空間から召喚したり、それらの武器を手に取って暴れ回るなどといった戦い方を取る。

.hack//Linkでは人格を再現されたハセヲの模倣AIが登場。
アリーナにおける戦いでポザオネから受けた洗脳が強化され続けて理性を失うという形でB-stフォームの姿になり、トキオを圧倒。さらに司を戦闘不能に追い込むが、トキオによって洗脳を解かれて元の姿に戻る。
また、ストーリー後半では『黙示録の獣』という名前で登場。こちらはハセヲの強い怒りの感情から生まれた放浪AIという設定になっており、別個体となっているものの騎士団のメンバーからは『ハセヲ』と呼ばれている。

リアル

三崎 亮

三崎亮くんはわたしの((ry


「志乃の顔で、『立ち止まれ』とか言うなよ....」

私立の進学校に通う高校生。親は大手企業に勤務しているので、公私共に何の不自由もない生活を送っていたが、常に満たされない何かを感じていた。
そんな中、友人の誘いにより『The World R:2』に出会い不思議な懐かしさを覚えてプレイを始めた。

当初のPCレベルを見て分かると思うが志乃を救うために廃人同然の荒んだ学生生活を送っており、小説版では高成績の優等生であったのが一転、降下の一途を辿ってしまっている。当然、周囲の人間から理解されることはなく、”廃人(ジャンキー)”のあだ名で友人達から呼ばれていたようだ。

実は三崎亮は小学生の時に前verであるR:1をプレイしていたが、ある事件に巻き込まれ未帰還者となっており、意識を取り戻した後は『The World』に関する記憶はすべてなくしてしまっている。

当時のPC名は楚良。『.hack//SIGN』の主要人物であると同時に、最終話にてスケィスの最初の犠牲者となった人物でもある。カイトにより撃破されるまでスケィスと一心同体の存在となっていた。
彼が7年後、”ハセヲ”としてThe Worldに帰ってきたのは偶然であったが、彼が”スケィスの因子”に選ばれ、碑文使いとして覚醒したのは必然であったと言える。
(ちなみにPC名である”ハセヲ”は松尾芭蕉が由来。”楚良”も同様、「奥の細道」の河合曾良が由来である。)
ゲーム内では裏設定でしか扱われていなかったが、小説版では当時の記憶を取り戻すまでに至っている。

余談

上記のフォームに加えて初期設定のポンチョ姿と、公式声優ネタのアスベルフォームが存在する。

外見のバリエーションはシリーズ中でも群を抜いて多い。

Link特典のアレ
wktk


登場作品

外部登場作

関連タグ

.hack .hack//roots .hack//G.U. 黄昏の旅団 死の恐怖 スケィス

pixivに投稿された作品 pixivで「ハセヲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1386630

コメント