ピクシブ百科事典

データドレイン

でーたどれいん

CC2のゲーム『.hack』シリーズを代表する特殊能力、およびそれを使用した絵に付けられるタグ
目次[非表示]

概要

アウラにより生成された腕輪、もしくは八相に付与されたデータを改竄するイリーガルな能力。
G.U.の漫画版ではThe Worldの世界観に登場する神殺しの兵器になぞらえて、システム管理者から紋章砲または紋章神砲(ヴァルドラウテ)とも呼ばれている。

その効果は、相手の構成データを強制的に書き換え、データを奪い弱体化させるというもの。
付随効果として奪ったデータの吸収、データからのアイテム生成がある。
曰くチートである。
その能力の効果はPC(プレイヤーキャラクター)、AI関係なく、果ては管理者や上位存在にまで及ぶ。
事実、

  • 「不死」の特性を与えられたウィルスバグや不死身の存在である八相から「不死」の特性を抜き出して倒しうる存在へと変える。または倒す。
  • PC、アバター、プレイヤーに感染したAIDAを抜き去り除去。
  • プレイヤーの記憶を一部消去。
  • Lv133のPCをLv1に変え、プレイヤーの操作していたパソコン内データをすべて初期化。
など通常の方法では実現不可能な様々な状況を生み出している。
無論、普通のPCに使用すれば相手は無事では済まず、討たれたPCが即ロスト(即死)するばかりでなく、操作していたプレイヤー(現実世界の人間)さえも意識不明に陥れる。この意識不明の症状は精神が引き抜かれることで生じる現象であるため医学による治療は不可能であり、元凶を断つ以外に回復手段は無い。

また、データドレインを連続で使用すると吸収したバグやウィルスにPCボディが侵食されていき、作中ではこれを侵食度という名前で表している。この侵食度が進行していくと腕輪の力が暴発したり自分や味方に悪影響を及ぼす事もある(.hack//G.U.以降の時代ではこのデメリットが解消されている)。この侵食度は、データドレインを使わずに戦闘に勝利していくと徐々に低下していく。

この能力は作中でも謎の能力であり、なぜこのような超常の現象が可能なのかは示唆されているものの明確にはされていない。


データドレインの種類

データドレイン通常のデータドレイン
ドレインアークデータドレインを80回使用すると覚える。データドレインの攻撃範囲が1人から複数に変わったもの。侵食率はデータドレインの2倍
2128ドレイン※1データドレインを160回使用すると覚える。浸食率と引き替えにデータドレインの威力を引き上げたもの。手に入るアイテムのレア度も上がる。侵食率はデータドレインの3倍。
ドレインハートデータドレインを240回使用すると覚える。2128ドレインの攻撃範囲が1人から複数に変わったもの。侵食率はデータドレインの5倍


※1 ゲームの開発者曰く、「2128年のデータドレイン技術」「数字は頭に浮かんだものを使ったため、特に数字自体に意味があるわけではない」とのこと

関連タグ

カイト ハセヲ クビア
キー・オブ・ザ・トワイライト
別名:奥義暗黒吸魂輪掌破

pixivに投稿された作品 pixivで「データドレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20202

コメント