ピクシブ百科事典

ハロルド・ヒューイック

ざわーるどのそうぞうしゅ

『.hack』シリーズの主要人物。物語の舞台であるMMO『The World』の創造者。
目次[非表示]

碑文は終末の物語ではない。
創世の物語なのだとエマは語った。
では始めよう。究極AIと人が共に生きる、新しい世界の創造を。

CV:山崎たくみ

概要

「.hack」シリーズの舞台となるネットゲームThe World』のプロトタイプ『fragment』を産み出した、天才プログラマーである1971年生まれのドイツ人男性。

異才の人工知能(AI)学者でもあり「分散処理と人工知能の可能性およびその未来」という論文で、人間とコンピュータのあるべき未来の姿を掲示し、一躍脚光を浴びる。そして、自分の仮説を実証するべく、無限の学習機能により人智を超えた存在となり得るAI、すなわち「究極AI」の開発に取り組んでいた。
だが、それは途中で行き詰まり挫折することとなる。

その後、2004年に突如としてネットゲーム『fragment』の製作を開始。そして2006年の夏。世界ネットワーク随一のシェアを誇る「ALTIMATE OS」の子会社であるCC社に、『fragment』を持ちかけた。

彼が製作した『fragment』なるファンタジーRPGは非常に練られたシステムと、深い世界観、そして興味深い物語を内包する力作であった。CC社の上層部は気に入り、ハロルドとの契約を取り付ける。
だが、彼は「fragmentを絶対に世界規模の"ネットワーク対応"のゲームにする」という条件のみを希望し、他には知的財産も金銭的報酬をも一切望むことはなかった。ただ「必ずネットゲームにして欲しい」と何度も念を押し、契約後は姿を消す。

そして2007年。世間の話題が『fragment』で持ちきりになる中でハロルド・ヒューイックは謎の失踪を遂げ、行方不明となる。失踪時の年齢は30代半ばほどであった。

後に『fragment』はCC社によって新しく『The World』と名を変えてリリースを開始。プレイヤー数2000万突破という空前の大ヒットを記録する。

真実

彼が創造したものはネットゲームなどではなく、究極AIを誕生させるための母体である。その詳細はモルガナ・モード・ゴンを参照。


1996年、25歳の秋。
究極AIの開発に挫折したハロルドは、知性の根幹を成すものを求めて、神智学・人智学に興味の領域を広げて行くが、その分野のセミナーにて美貌の詩人エマ・ウィーラントと出会う。そして彼女に一目惚れをしてしまい、強く惹かれていった。
彼女の方は愛人が存在しており、心から彼のことを愛していたわけでは無かった。しかしハロルドの才能を賞賛してはおり、エマも彼との交際を始めてゆく。

だが、2004年のある日。交通事故によりエマ・ウィーラントは長編叙事詩『黄昏の碑文』を遺し死亡してしまう。この際、エマはハロルドとの待ち合わせ場所に向かっており、ハロルドは彼女の死を知らず、銀杏の木がたつ丘の上でエマを待ち続けていたらしい...。

エマ・ウィーラントへの叶わなかった恋。
悲嘆に暮れたハロルドは、彼女への愛を形にするべく『黄昏の碑文』を具現化させた世界で、エマと自分の子供としての究極のAI「アウラ」を誕生させることを決意する。
そして、究極AIを生み出すための"人間の思考サンプリングシステム"『fragment』の開発に着手することとなった。

その後、2006年。CC社への売り込みに成功し、『fragment』は「ALTIMATE OS」対応の世界的なネットゲームとしてテストプレイを開始。
サンプルされた思考データはゲーム内に還元され、『fragment』自身が自律的に新たな成長続ける。そして、それは究極AIの糧となり、このまま順調に行けばアウラは誕生を迎えられる....そのはずだった。


だが、テストプレイの最中に最悪の事態が発生する。
『fragment』の中枢プログラム「モルガナ・モード・ゴン」。アウラ誕生の母体となるモルガナ自体に、人間の女性に近い人格が宿ってしまったのである。
彼女の暴走を食い止めるため。何より最愛のであるアウラを守るためにハロルドは自らの精神を『fragment』に移し、対話をするべくモルガナの元へ向かう。

そして2007年。彼はそのままモルガナに精神を破壊され、生きて現実世界に帰還することはなかった。

パロディモードにおいて

初代.hack//におけるパロディモードでは、他の登場人物達の例に漏れず、本編におけるシリアス要素が完全に消え失せている。
カマ口調の京都弁で喋り、恨み節のようなセリフを放つ。
また、その正体は本編とは異なり、ブラックローズの別人格的な存在である。

残留思念

ハロルド自身の精神は消失してしまったが、彼が生前に残した想いや言葉は記録され、徐々に壊れながらも残留データとして「ハロルドの部屋」などのブラックボックス内部に散在している。そして、それは「ハロルドの手記」や放浪AIとなどの残留思念として形をとり、訪れた者へ不思議な言葉を投げかけていた。

その思念体が語る言葉は「.hack」シリーズを通し、やがてカイトハセヲ達の行動の道標となってゆく。

関連タグ

アウラ 黄昏の碑文 八相 The_World

pixivに投稿された作品 pixivで「ハロルド・ヒューイック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント