ピクシブ百科事典

八咫

やた

八咫とは『.hack//G.U.』の登場人物。
目次[非表示]

モルガナの第四相『運命の預言者』フィドヘルの碑文使い。

「知識の蛇へようこそハセヲ君。 ずっと待っていた、君が来るのを――。」

声:山崎たくみ

概要

THE World R:2

妖扇士の八咫。修行僧のような風貌のPCモデル。表向きはギルド「レイヴン」のギルドマスターにすぎないが、その実態は『The World』のシステム管理機能を持つ「知識の蛇」の管理者であり、AIDAなどの異常現象を調査するために部下のパイと共に設立した組織であるG.U. の長でもある。
オーヴァンとは何らかの因縁があるらしく、オーヴァンに“キー・オブ・ザ・トワイライト”の存在を教えたのも八咫(正確には直毘)である。
AIDAに対抗するために碑文使いを探しており、ハセヲとは協力する代償として三爪痕の情報を提供することを約束しているものの、秘密裏にオーヴァンと連絡を取り合いハセヲの成長(Grow.Up.)を促そうとするなど純粋に未帰還者救出のためだけに動いている訳ではないらしい。



関連タグ

.hack クーン(.hack//G.U.) パイ(.hack//G.U.) ハセヲ
























※この先は.hack//G.U.の重要なネタバレが存在します















「こんなにも愛しているのに...! なぜ”世界”は私を見限る...!!」

実は、碑文使いを束ねるギルドマスターの立場にあったが、碑文使いでは最後まで憑神に開眼できずにいた。彼の理知的過ぎる性格が”碑文の覚醒”に必要な、精神へ揺さぶりを与える機会を妨げていたのである。
彼は覚醒する為にあらゆる手段を用いても覚醒することが出来ず、かつて焦がれた究極AI、Auraと異邦の神AIDAの両方に選ばれたオーヴァンへの憎悪と嫉妬の屈折した感情を抱いていた。

オーヴァンはそのことを既に見透かしており、にG.U.を追放されてしまった彼に言葉による追い打ちをかける。そして普段の冷静さを完全に失い、第四相、『運命の預言者』フィドヘルに開眼するが感情を抑えきれずに暴走してしまう。
このことで一時は自分を見失うが、パイに叱責されたことで再び自分を取り戻す。以後は冷徹さが抜けて少し人間味が出たようである。

そして、”オーヴァンの真実”を垣間見たのち、彼が残してしまったクビアという新たな脅威を前に”7年前のかつて”を思い出し、G.U.の長として立ち向かってゆく。


メインアカウントの八咫のほか、サブアカウントとして前述した直毘以外に「月の樹」の四番隊隊長の重槍士楢を所有している。不穏な動きの見られた「月の樹」の内偵を目的としているため、欅派でも榊派でもない中立的な立場をとっている。
ギルド内では情報収集を主な任務としており、その高い情報収集能力を生かして短期間で隊長にまでのぼりつめている。なお、八咫のサブアカウントであることはのみ気づいていた模様。



リアル
火野拓海
2000年生まれの男性。ハセヲと同い年である。小学生当時の『The World R:1』からの古株プレイヤーで、非常に切れ者として知られておりネットスラムの住人達からも”かつてカイトと共に世界を救った英雄、.hackersの一人”として称えられている。

そう、彼の正体は前作、味方陣営の参謀を務めたワイズマンである。
当時の私的なメールは、知的な言動と年齢相応の言葉や話題が混ざった妙なギャップのある文面で綴られている。
小学生当時の趣味はトレーディングカードゲームであると同時に、運動も得意であり小学校対抗サッカー大会の代表選手にも選ばれている。
プロのサッカー選手になるのが夢であったが、中学生のころに膝に怪我を負い、夢をあきらめている。その後は学業に専念し、飛び級で17歳で大学に進学している。株式取引にも精通しており、CC社の筆頭株主でもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「八咫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10317

コメント