ピクシブ百科事典

えんどう豆

えんどうまめ

マメ科エンドウ属エンドウの種子のこと。エンドウそのものを指す場合もある。
目次[非表示]

概要

マメ科エンドウ属植物の一種、エンドウ豌豆)の種子のこと。エンドウそのものを指す場合もある。
中央アジアから中近東を原産とするマメ科の一年草で、古代から農作物として栽培されてきた。低温に遇うと花芽分化が進むことから、秋撒き春採り栽培が一般的である。

農作物としてのえんどう豆

硬莢種

豆のが固い品種。完熟させた豆を収獲する。
緑色の青豌豆、赤褐色の赤豌豆などがあり、煎り豆煮豆茹で豆ポタージュなどに利用される。
青豌豆の未熟な種子はグリーンピースグリンピース)と呼ばれ、スープ豆ごはんにする他、料理の付け合せや彩りに利用される。

軟莢種

豆の莢が軟らかい品種。
未熟な豆の莢をさやえんどう絹さや)として利用する。豆が大きくなっても莢が軟らかいスナップエンドウもある。

豆苗

エンドウのの柔らかい茎葉は豆苗と呼び、野菜として利用される。

メンデルの法則

植物学者グレゴール・ヨハン・メンデル(1822年7月20日~1884年1月6日)は豆に皺の無いえんどう豆、皺のあるえんどう豆を交配させる実験を行い、遺伝に関する「優性の法則」「分離の法則」「独立の法則」を発見し、これらは「メンデルの法則」と呼ばれる。

関連記事

親記事

まめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「えんどう豆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1460

コメント