ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ハプスブルクはヨーロッパ王家の家名。その支配した領域の広さと神聖ローマ皇帝を世襲したことから、欧州一の名門と称される。ハプスブルクはドイツ語で、スペイン語ではアブスブルゴ、ハンガリー語ではハプスブルグという。
戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ」の家訓の通り、主に婚姻政策によって勢力を拡大していった。

概要

もともとは現在のスイス領内の小貴族であったが、13世紀にルドルフ1世が神聖ローマ帝国皇帝に即位してから力を強めてきた。婚姻政策で所領を増やし、16世紀前半にはスペイン国王オーストリア大公などとしてヨーロッパ全域に支配地を拡大。さらにスペインは当時南アメリカなどに植民地を広げていたため、「日の沈むことのない帝国」と称された。

1556年にスペイン王家と神聖ローマ皇帝・オーストリア大公家が分離。1700年にスペインのハプスブルク家は断絶した。オーストリアのハプスブルク家は神聖ローマ帝国滅亡後もオーストリア帝国(オーストリア・ハンガリー帝国)の皇帝として存続したが1918年に最後の皇帝が退位し、王家としてはその歴史を終えた。

…が、現当主はオーストリアから選出されている欧州議会(EUヨーロッパ連合の議会)の議員になっていたりして、今なおヨーロッパにおいては一定の影響力があったりする。また、ベルギー王族のうち、国王フィリップとその子供たちに次ぐ王位継承権者として、フィリップの妹アストリッド王女と、オーストリア=エステ大公ローレンツの間の子供たちがいるため、将来ベルギー王室の王族としてハプスブルクが復権する可能性も残されている。
2011年7月4日、最後のオーストリア皇帝カール1世の長男にして、最後のオーストリア皇太子オットー・フォン・ハプスブルクが永眠。享年98。彼の葬儀には各国の君主が参列した。

なお、1736年にマリア・テレジアロレーヌ(ロートリンゲン)家のロレーヌ(ロートリンゲン)公フランツ(後の神聖ローマ皇帝フランツ一世)と結婚した為、オーストリア系のハプスブルク家(現在も続くハプスブルク家はこちら。もう一方はスペイン系で1700年に断絶)の正式名称はハプスブルク=ロートリンゲン家である。現ハプスブルク家家長カールのフルネームもカール・ハプスブルク=ロートリンゲン(Karl Habsburg-Lothringen)。(ちなみにドイツ貴族に御馴染みのフォンが無いのは、オーストリアではフォンやツー(zu)などの貴族の称号を名乗るのを認めていない為。)

ハプスブルク家が支配したことのある主な現在の国々

ヨーロッパ

全域
オーストリア・チェコ・スロベニア・リヒテンシュタイン・ハンガリー・スロバキア・クロアチア・スペイン・ポルトガル・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ボスニアヘルツェゴビナ
一部のみ
スイス・ドイツ・フランス・イタリア・セルビア・ルーマニア・ウクライナ・ポーランド

アメリカ大陸

カナダ・スリナム・ガイアナを除く全ての国(アメリカは一部のみ)

アジア

フィリピン・東ティモール
その他、インドやスリランカはいくつかの港町がハプスブルク家領だった。

アフリカ

モザンビーク・アンゴラ

関連タグ

ハプスブルク家 ハプスブルグ ハプスブルグ家
神聖ローマ帝国 スペイン オーストリア
マリア・テレジア マリー・アントワネット エリザベート
世界史 創作歴史 中欧

関連記事

親記事

ハプスブルク家 はぷすぶるくけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハプスブルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92243

コメント