ピクシブ百科事典

パワードイクサー

ぱわーどいくさー

『仮面ライダーキバ』に登場する仮面ライダーイクサ専用重機。
目次[非表示]

概要

「素晴らしき青空の会」が開発した、仮面ライダーイクサ専用のティラノサウルス型巨大重機。基本設計者はイクサと同じく麻生茜であり、彼女のによって開発が一時期凍結されていたが1998年から開発を再開、2008年の「六柱のサバト」戦にてロールアウトされた。「パ・ワ・ー・ド・イ・ク・サ・ー」の電子コールと共にパワードフエッスルで呼び出すことができる。操縦はコックピットにおいて、イクサナックルを起動キー・操縦桿として行う。
ティラノサウルスの尾にあたる部分に設置されたコンテナには、液体爆薬ナパーム弾イクサポッドという武器が搭載されており、ティラノサウルスの頭部を模したパワードアームザウルクラッシャーによって投擲し、攻撃することができる。又、このアームにイクサ自身が乗り込み、放り出された勢いからキック攻撃へ移行するという連携技もある。キャッスルドランより比較的小さいため、小回りが効き高い機動力を有する。キャッスルドランドッキングすることで、共同攻撃を行うことも可能。
下あごの部分に当たるザウルクラッシャーは、高周波振動粒子により挟んだ物体を分子レベルで分解する超パワーを持つ。
設定によると、特別緊急車両として超法規的に認可されており、そのため、アームの両脇にはスクランブルシグナル(赤色灯)が取り付けられている。

スペック

全長:12.7m
全幅:7.5m
重量:152t
最高速度:320km/h
最高出力:41895kw(58000馬力)

関連項目

仮面ライダーキバ 名護啓介 ショベルカー

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードイクサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217

コメント