ピクシブ百科事典

妖怪ヤマビコ

ようかいやまびこ

妖怪ヤマビコとは、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する妖怪の1体である。
目次[非表示]

「『オ掛ケニナッタ電話ハ、現在使ワレテオリマセン』。この電話、誰も出んわーーーー!?」
CV:てらそままさき

データ

身長:186cm(肥大蕃息時身長:44.6m)
体重:219kg(肥大蕃息時体重:525.6t)
好きな物:物真似
好きな場所:公衆電話ボックス
攻撃力:★☆☆☆☆
不思議な技:★★★★☆
成り済まし:★★★★★
集める恐れ:なし

概要

街に設置されていた「公衆電話」が晦正影によって封印の手裏剣と融合させられ、牙鬼幻月の邪悪な妖気の影響によって古来の「山彦」伝承を受け継ぎ変化した妖怪
原典の山彦は耳の垂れた犬の様な姿だが、こちらのヤマビコはその垂れた耳に当たる部分がそのまま腕となっている。胴体にある巨大な顔もどちらかと言えば猿に近く、全身も茶色い毛で覆われている。元になった器物である公衆電話の意匠はその大きな顔の両側の部分に見られ、口の中から「スピーカーマウス」を覗かせる。
山彦(※或いは幽谷響)らしく「ヤーマビコビコビコビコ!」と言う特徴的な笑い方をし、更には「~でっせ」「~やがな」等、まるで成金が遣うエセ関西弁で喋るのが癖。

元が電話だけに左肩のプッシュボタンと右肩の受話器を介す事で、どんな相手にも電話を掛ける事が出来る。通話中は右肩にカタカナ表記で電話先の相手の名前が出るのが特徴。更には電話先の相手が本物だと信じ込んでしまう様な見事な声真似で知人に成り済まして騙す事が出来、まさしくオレオレ詐欺には持って来いの能力と言える。
然もこの声真似は何も電話での詐欺だけに留まらず、戦闘中でも相手を撹乱するのに重宝する。
そして顔の口の「スピーカーマウス」から「ヤッホー!」と叫ぶ事で強力な音波砲を炸裂させ、更に奥の手として人間には聴こえないがオトモ忍を行動不能に陥れる程の高周波である「超音波砲」を備える。

活躍

誕生直後に生みの親の正影から、「如何にしてニンニンジャー達の変身を封じて弱体化させるべきか?」と問わたのを受け、自身の能力を使いニセ電話詐欺でニンニンジャーを騙し、そのまま変身アイテムの忍シュリケンの強奪を目論む。

手始めに自分は身を隠してジュッカラゲ達に街中で暴れさせ、ニンニンジャー各人を陽動で分散。
そして、単身で妖怪を捜索していた天晴に電話を掛けると風花好天に成り済ますと、「この強力な妖怪を倒すには皆の忍シュリケンが必要」と嘘八百を並べ立て、他のメンバーの忍シュリケンを彼に収集させる様に嗾ける(※単純な性格の天晴を選んだのも妥当と言えるだろう)。

その後、人間に変装したジュッカラゲを風花の代理人と偽り、天晴から4枚の忍シュリケンを奪って回収するが、天晴を不審に思って尾行していた八雲達によって詐欺が露呈。
本人はそれに気付かずジュッカラゲが持ち帰った忍シュリケンを手に入れると、今度は風花自身からも忍シュリケンを奪おうと天晴の声真似電話で「忍術で一般人を傷付けたから、治す為に忍シュリケンが必要」と伝えるが、ブラコンでお節介な風花に「先ずは被害者に謝るべきでは?」「(※「相手が気絶したから電話に出せない」と誤魔化されて)せめてその人の家族に先に詫びるべきでは?」と的を得た説教に狼狽する。しかもその際、偶然にも広場の時計のチャイムが鳴り響いた為に居場所を特定されてしまう。

一方、騙されていたと知り憤慨した天晴達が自分の下へやって来ると、生身の彼等にジュッカラゲたちを指し向け、遅れてきたシロスターにはシュリケンを奪う必要も無いと自ら立ち向かう。
「音波砲」で2人を強襲し、更にシロが仕掛けた「落とし穴の術」を回避して、自棄になった彼女が乱発した落とし穴に自ら転落すると言う自滅に追い込む。然し、実はそれは風花とキンジの作戦であり、残されたスターと取っ組み合いになって身動きが取れない隙に、突如地中から飛び出したシロに身に付けていた忍シュリケンを奪還されてしまう。

シロによって残りのメンバーが変身能力を取り戻したメンバーはそのまま変身すると、ヤマビコは揃い踏みした6人と交戦。
ジュッカラゲ達との大乱戦の中、仲間の声真似で注意を反らした隙に「音波砲」で相手を奇襲する不意打ちで次々とニンニンジャー達を襲うが、シロを天晴の声で騙して襲おうとするも「お兄ちゃんが助けを呼ぶ筈無い」と振り向き様にグーパンを浴びて反撃されてしまう。

やがてジュッカラゲを全滅させられ、孤立してニンニンジャーに追い詰められると、「撹乱されないように名前じゃなくて(色の)コードネームで呼び合おう」と提案するモモの指示(※尤も、ジュッカラゲも全滅して単体の妖怪を全員で追い詰めてる時点でその心配も無いのだが)により、彼女とアオのカラクリヘンゲン「弓ヘンゲン射」のエネルギー弾をのカラクリヘンゲン「爪ヘンゲン烈」とスターのスターソードガンに増幅反射され、空中でそのエネルギーを受け止めた残りのアカとシロのカラクリヘンゲン「刀ヘンゲン斬」から繰り出す「カラクリヘンゲン兄妹斬り」で爆散する(※その際、撮影をせがむスターに律儀にカメラ目線で撮られていた)。

直後、正影の指示を受けた九衛門の肥大蕃息の術で巨大化。
自分の下へやって来るオトモ忍軍団を「超音波砲」で活動停止に追い込むが、ワンマルの高い遠吠えに超音波を相殺されて電話機能を破壊されて弱体化し、最期はシュリケンジンとバイソンキングに合体されて、「天晴れ斬り」と「荒くれバスター」の同時攻撃を喰らい今度こそ倒された。因みにこの後、ニンニンジャー達も「ヤッホー!」と叫ぶのであった。

余談

モチーフは幽谷響電話ボックス

デザインを担当した豊田幸秀氏は本作がデビューであり、戦隊の怪人をやりたい」との事で『秘密戦隊ゴレンジャー』から『烈車戦隊トッキュウジャー』まで全38作品それぞれの新しい怪人をデザインして来たらしい。
続く次回作でも怪人のデザインも担当している。

スーパー戦隊シリーズにおいて、担当声優のてらそま氏は同年に上映された『トッキュウジャーvsキョウリュウジャー』で創造主デビウス役の声も演じていたが、TVシリーズ本編への出演自体は『恐竜戦隊ジュウレンジャー』以来実に23年ぶりとなる。
そして8年前に『仮面ライダー電王』のキンタロス役で一躍ブレイクしており、てらそま氏と言えばキンタロスを思い浮かべる特撮ファンも多いだろう。
蛇足だがてらそま氏は2年後の『宇宙戦隊キュウレンジャー』にてぺガさん、更に2年後の2019年でも『騎士竜戦隊リュウソウジャー』にてティラミーゴと言う具合にヒーロー側のキャラを演じる事となる。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー 牙鬼軍団 妖怪(ニンニンジャー) 幽谷響

ヤマビコ(魔化魍):『仮面ライダー響鬼』に登場する、幽谷響繋がりの怪人。

マダコダマVSシリーズ天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャーエピックon銀幕』に登場する幽谷響繋がりのゲスト怪人。

幽谷響子:幽谷響繋がりの東方Projectのキャラ。

関連記事

親記事

妖怪(ニンニンジャー) きばおにぐんだんのようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪ヤマビコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント