ピクシブ百科事典

虫愛づる姫君

むしめづるひめぎみ

日本の古典文学『堤中納言物語』中の短編物語の一つ。及びその主人公の姫君のこと

概要

 按察使大納言の姫君は美しくて気高かったが、年頃になっても化粧もせず、またお歯黒もつけず、眉を整えることもしないなど、当時の貴族女子のたしなみにまるで心を寄せない娘だった。花や蝶など、一般に可愛らしいとされているものもそのままでは興味を覚えず、芋虫毛虫を集めては、それらが成虫に育つまでの過程を観察するのが大好きだった。虫を怖がらない下層階級の男の子たちとも戯れ、彼らに虫を集めさせてはその名前を尋ね、名前のわからない虫には自分で名をつけるようなことをしていたという。いわば虫オタク少女である。

虫愛づる姫君
虫愛づる姫君



 当然ながら彼女は世の人達のみならず侍女たちからも奇人・変人扱いされていた。今風の言い方をすればさしずめ「不思議ちゃん」とか「残念な美少女」というところだろう。
 彼女にある種の性格異常を見てとるような読み方もしばしばなされている。

 ただその一方、姫の当時の風習や格式、ジェンダーにとらわれない自由な生き方を肯定的に捉えるような読み方も現代では見られるようになっている。また、虫たちの真の姿を緻密な観察を通して見極めようという姿勢は、いってみれば古典文学における理系女子の先駆けとして評価する声も出てきている。
 時代を越えて現代的な視点から見てみれば、案外「残念」ではないのかもしれない

 また、宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』のヒロイン・ナウシカのイメージ・ソースともなっているという。

明日はもーっと楽しくなるよ ね!オム太郎



 さらに、現代の虫好きな少女のイラストにこのタグが付けられていることもある。

友達が少ない



関連タグ

堤中納言物語

pixivに投稿された作品 pixivで「虫愛づる姫君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2102

コメント