ピクシブ百科事典

狩衣

かりぎぬ

日本の平安時代以降の男性が着ていた一般的衣装。

狩衣とは、中世前後の日本男性の一般的な衣装である。

貴族たちが狩猟に出かけるときに着ていたということから、「狩衣」という名前で呼ばれるようになった。
のちに普段着として定着し、鎌倉以降には武士の礼装として扱われるようになる。
なお現在では、神職者たちの常装として見ることができる。

が後部だけ縫いつけられており、肩から脇にかけての部分が開いている。
そこから単が見え隠れするのが特徴。場合によってはその隙間から腕を出すこともあった。

関連イラスト

本日、稲荷神社へ
ちょっと大人しくしてて下さい



関連タグ

和服 和風 平安時代

pixivに投稿された作品 pixivで「狩衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409409

コメント