ピクシブ百科事典

マイアミ・ドルフィンズ

まいあみどるふぃんず

Miami Dolphins(略表記:MIA)は、アメリカンフットボールのプロリーグ「NFL」のチームの1つ。1972年シーズンにNFL史上初の完全優勝を達成している。AFC東地区所属。
目次[非表示]

概要

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を構成する32球団の1つで、アメリカフロリダ州マイアミガーデンズを本拠地としてAFC東地区に所属する。
愛称はフィンズ(「Fins」と「Phins」2通りの綴りがある)。
チームカラーはフロリダの太陽をイメージしたような水色(アクア)、オレンジ色、白、マリンブルー。ヘルメットデカールは太陽とイルカ(メイン画像参照)である。

チーム名

球団創設に際してチーム名を募集したところ、1000を超える候補が来た(その中には現在他競技のチームが採用しているサンズシャークスマリナーズなどもあった)と云う。
それら候補の中より、スピード感知性的なイメージからドルフィンズ(イルカ)が選ばれた。

本拠地球場

  • マイアミ・オレンジボウル(1966-1986)
  • ドルフィン・スタジアム(1984-現在)※


※1)ネーミングライツの取引先が何度か変わっており、その都度球場名も変更されている。2017年からの名称はハードロック・スタジアム

歴史

AFL時代

1966年のエクスパンション(リーグ拡張)でAFL(アメリカン・フットボール・リーグ)に参入。以降、リーグやカンファレンスの変更・ディヴィジョンの再編成があっても東地区の所属となっている。
AFLでの4シーズンは優勝争いに絡めず、全て負け越しに終わっている。

NFL時代

1970年にNFLとAFLが統合し、ドルフィンズはAFC東地区の所属となった。
この年からチームのヘッドコーチに就いたドン・シュラ指揮の下、チームはワイルドカードで初のプレイオフ進出。
翌1971年からは3年連続でスーパーボウルへ出場し、第6回スーパーボウルには敗れたものの、第7回・第8回のスーパーボウルを連覇した。元AFL勢の優勝は3チーム目、AFC所属チームによるスーパーボウルへの連続出場および連覇はこの時のドルフィンズが初めてであった。なお、1972年シーズンにはNFL史上初(レギュラーシーズンが14試合だった時代では唯一)となる、シーズン全勝からスーパーボウルを制して完全優勝を成し遂げている。
シュラHC時代の26シーズンは、チームの年間負け越しが僅か2季、ポストシーズンへは通算16季進出、そしてスーパーボウルへ5回出場(うち2回優勝)の常勝軍団だった。
2002年に4地区制が導入されてからは2度ワイルドカードプレイオフに出場したのみで、20年以上ポストシーズンでの勝利から遠ざかっている(現時点で4連敗中)。

スーパーボウルの戦績

シーズン開催年月日対戦相手試合結果通算成績
1971年(第6回)1972年1月16日ダラス・カウボーイズ敗退(3対24)0勝1敗
1972年(第7回)1973年1月14日ワシントン・レッドスキンズ優勝(14対7)1勝1敗
1973年(第8回)1974年1月13日ミネソタ・ヴァイキングス優勝(24対7)2勝1敗
1982年(第17回)1983年1月30日ワシントン・レッドスキンズ敗退(17対27)2勝2敗
1984年(第19回)1985年1月20日サンフランシスコ・49ers敗退(16対38)2勝3敗


永久欠番

  • 12 ボブ・グリーシー(クォーターバック
  • 13 ダン・マリーノ(クォーターバック)
  • 39 ラリー・ゾンカ(フルバック)

この他、準永久欠番として以下の番号がある。

  • 54 ザック・トーマス(ラインバッカー)
  • 99 ジェイソン・テイラー(ディフェンシブエンド、ラインバッカー)

関連項目

マイアミ・マーリンズMLB
マイアミ・ヒートNBA
フロリダ・パンサーズNHL
アメリカンフットボール アメフト 
NFL

AFC東ビルズドルフィンズペイトリオッツジェッツ
AFC北レイヴンズベンガルズブラウンズスティーラーズ
AFC南テキサンズコルツジャガーズタイタンズ
AFC西ブロンコスチーフスチャージャーズレイダーズ
NFC東カウボーイズジャイアンツイーグルスワシントン
NFC北ベアーズライオンズパッカーズバイキングス
NFC南ファルコンズパンサーズセインツバッカニアーズ
NFC西カーディナルズラムズ49ersシーホークス

関連記事

親記事

アメリカン・フットボール・カンファレンス あめりかんふっとぼーるかんふぁれんす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マイアミ・ドルフィンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント