ピクシブ百科事典

概要

1977年生まれ、福岡県出身。
九州国際大付属校から1995年ドラフト3位でオリックス・ブルーウェーブ(当時)に指名され入団。

プロ入り3年目の1998年に一軍デビューすると、持ち前の強肩とパワーですぐに正捕手に定着。当初は課題だった打撃の確実性も、2003年に打率.268をマークするなど徐々に成長を見せた。
2005年に球団合併からオリックス・バファローズに移籍。ライバルの的山哲也を寄せ付けずそのまま正捕手として活躍を続け、特に2008年は不動の正捕手として自己最多13本塁打と打率.269をマーク。また投手陣を引っ張り、チーム初のクライマックスシリーズ進出に貢献した。
2009年から選手会長に就任。この年は自身初のサヨナラ本塁打を放ったものの、ケガで戦線離脱しチームも最下位に沈む。さらに2011年以降は岡田彰布新監督にリードを酷評されるなどして出番を伊藤光鈴木郁洋前田大輔斉藤俊雄といったメンツに奪われて一軍定着すらおぼつかなかった。

2012年オフにFA権を行使して阪神タイガースに移籍。(背番号37)
2014年に現役引退。
2015年2016年 阪神タイガース球団本部プロスカウト担当
2017年2018年 阪神タイガース球団本部企画担当(2018は和田豊TAの元、分析チーム配属)
2019年      阪神タイガース ファーム育成兼分析担当コーチ(背番号84)
2020年~現在   阪神タイガース ファーム打撃兼分析担当コーチ

関連タグ

引退したプロ野球選手一覧

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日高剛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました