ピクシブ百科事典

今岡誠

いまおかまこと

今岡誠(今岡真訪)とは、阪神タイガース・千葉ロッテマリーンズで活躍した元プロ野球選手。内野手。右投右打。
目次[非表示]

概要


1974年9月11日生まれ。兵庫県宝塚市出身。

高校は、野球の名門校PL学園高校に進学。3年の時に第64回選抜高等学校野球大会に出場し、8強入りを果たす。その後、東洋大学に進学し、ショートのポジションを不動のものにし、同学年で同ポジションであった青山学院大学井口資仁(現千葉ロッテマリーンズ)と並び「双璧」と呼ばれた。東洋大学在籍時の1996年、アトランタオリンピックに出場したが、今岡、井口、当時社会人野球の日本生命に所属していた福留孝介(現阪神タイガース)と3人のショートが選出されており、今岡は井口にショートのポジションを譲り、セカンドを守っていた。(福留はサード)

1996年のプロ野球ドラフト会議前に阪神タイガースを逆指名し、阪神に入団。1年目の1997年セカンド、2年目の1998年ショートとしてレギュラーに定着。

2002年星野仙一阪神の監督に就任すると春季キャンプからの活躍が認められ、二塁手のレギュラーを奪取。故障した赤星憲広に代わって1番打者に固定され、自己最高を更新する打率.317, 15本塁打を記録する。

2003年も1番として起用され、打率.340で首位打者のタイトルを獲得4]。二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞するなど、1985年以来のリーグ優勝に貢献した。同年は得点圏打率.428を残したほか、年間初回先頭打者本塁打を7本放ち(うち5本は初球)、2試合連続で先頭打者初球本塁打も記録した。また、同年でのオールスターゲームでのファン投票で歴代最多の1,588,712票を獲得している

2005年には、当時の監督岡田彰布の意向でサードにコンバートし、5番打者に定着。同年の3番アンディ・シーツ、4番金本知憲、5番今岡らによるクリーンナップ3人の合計357打点球団史上最高記録で、この年に今岡が挙げた147打点はプロ野球歴代3位の記録である。
阪神はこの年、リーグ優勝を果たした。

2006年以降は故障が相次ぎ、代打での出場が多くなった。体への負担を軽減させるためにこれまでファーストを守っていた新井貴浩をサードに変え、今岡をファーストで使ったりしたが、不振から脱却できずに2009年に戦力外通告を受けた。

2010年、大学時代のライバルであった井口が所属する千葉ロッテマリーンズに入団。指名打者や代打で出場したが、2012年に現役を引退した。

現役引退後はしばらく野球解説者、タレントとして活動。
その後2016年シーズンから阪神の二軍打撃兼野手総合コーチに。2017年からは登録名を「今岡真訪」に変更した。
同年阪神を退団し、2018年シーズンからは井口が1軍監督として活躍するロッテの2軍監督として指揮をとることになった。

関連動画

阪神時代の応援歌1作目(1997年~2004年)

燃える闘魂 この一振りに
唸れ今岡 誠の救世主

阪神時代の応援歌2作目(2005年~2009年)

今胸に秘めた 誠の闘志を
大空に向かって炎と燃やせ 虎になれ

ロッテ時代の応援歌

渾身のその一打 バットに願い込めて
Go Let's Go Go Let's Go 我らの今岡

関連項目

引退したプロ野球選手一覧 プロ野球 プロ野球選手 阪神タイガース 千葉ロッテマリーンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「今岡誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 900

コメント