ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

1977年4月26日生まれ、鹿児島県出身。
大阪・PL学園時代は高校No.1スラッガーと呼ばれていた。


1995年のドラフトでは7球団が1位指名し、大阪近鉄バファローズが交渉権を獲得するが、中日ドラゴンズもしくは読売ジャイアンツ入りを目指していたため入団を拒否(当時の近鉄監督・佐々木恭介はドラフトの時の『ヨッシャー』の掛け声で話題となり、これが愛称に。その後2002年に中日の一軍打撃コーチに就任し福留を指導している)。
社会人野球・日本生命に就職後、当時史上最年少でアトランタオリンピック野球日本代表(当時はオールアマチュアでプロは出場できなかった。)に選ばれ銀メダル獲得に貢献する。1998年中日ドラゴンズを逆指名して入団、背番号は「1」。

入団当時は遊撃手を務めていた。当時の星野仙一監督が積極的にスタメン起用し、福留もそれに答えたが、守備に難があり打撃も確実性に欠けていた。2000年に三塁手へコンバートされるが守備難は相変わらず。2002年に外野に再コンバートされると、ようやく守備も安定した。
打撃では松井秀喜の三冠王を阻止する首位打者を獲得するなど、安定感も増した。2007年オフにFAでメジャーに移籍するまで、ドラゴンズの中軸としてプレーしチームの3回の優勝に貢献した。

2008年からはシカゴ・カブスでプレー。この年は打率.257と苦戦。
2009年は打率.259、2010年は.263。特に2009年は日本時代あまり守らなかった中堅守の守備に苦労していた。
2011年は前年より好調なバッティングを維持していたが、7月28日クリーブランド・インディアンスへトレード移籍。この年は打率を除いてメジャー移籍後最低の成績に終わる。
オフにシカゴ・ホワイトソックスと契約するがケガと不振で解雇。後にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結ぶがメジャー昇格はならず、9月に解雇された。

2012年オフに阪神タイガースへ移籍、翌2013年に正式契約、背番号は「8」。
このシーズンは左足の不調で振るわなかったが、2014・2015年に亘りサヨナラホームランを3発決め、2年通算でも29発のホームランを決めている。
2016年には2003年以来となる自身二度目のサイクルヒットを達成。2017・2018年は球団史上最年長ながらチームキャプテンを務めた。
2019年の5月5日に三嶋一輝から放ったホームランは、チームの3連勝を呼び込む劇的なサヨナラ弾だった。しかもこの一発はセントラルリーグ通算5万号となるメモリアルアーチで、記憶にも記録にも残るものであった。
2020年はついにNPBの現役最年長選手となったが、極度の打撃不振で出番が減少。シーズン終了後阪神を退団し、古巣・中日への復帰が決まった。


人物

  • 若手時代は広角打法を武器に、コンスタントに打率3割と20本塁打以上を記録。2004年には4番にも座った。守備も前述のように内野手時代は不安定だったが、外野手としては強肩を武器に堅守を支えた。メジャー移籍後はヤンキースでは一塁手を守ることもあった。
  • カブス時代の2008年に「It's gonna happen」(カブスファンの常套句。訳は「何かが起こるぞ」、「ついにその時が来た」)を機械翻訳した「偶然だぞ」のボードが掲げられたことがある。
  • そんなMLB時代は、ユニフォームの背ネームにあるローマ字表記の「FUKUDOME」が、放送禁止用語を連想させるという懸念があった。
  • プロ野球界屈指の銭闘員。かつて「誠意は言葉より金額」という迷言を残す、日本球界復帰の際に3年15億の報道が出される(これによりはませんを中心とした2ちゃんねらーなんJ民の顰蹙を買っている)など、その銭闘能力(?)はトップレベル。
    • しかし、東日本大震災の際には100万ドルを密かに寄付した事などが明らかになり、これは単なる屁理屈の妄言などではなく、福留は言葉通り「誠意を金額で示す」プロの鑑
  • 現在、中日星野政権時に中日に在籍した事がある唯一の現役選手であり、なおかつ令和時代に1軍出場した事もある唯一の選手でもある。


関連タグ

関連記事

親記事

中日ドラゴンズ ちゅうにちどらごんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「福留孝介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6823

コメント