ピクシブ百科事典

佐藤義則

さとうよしのり

佐藤義則とは、1970年代~1990年代にかけて活躍した元プロ野球選手。 現役時代は阪急時代からオリックス一筋でプレー。
目次[非表示]

東京ヤクルトスワローズに所属する名前の読み方が同じ現役選手については「佐藤由規」を参照。

経歴

現役時代

1954年(昭和29年)9月11日生まれ。北海道奥尻島出身。
日本大学から1976年(昭和51年)のドラフトで阪急ブレーブスから1位指名され入団。背番号は引退まで一貫して11。

当時の阪急投手陣は山田久志を筆頭に片岡光宏今井雄太郎山口高志などが揃った投手王国であり、佐藤は彼らの投球に圧倒されたが、1年目は7勝を挙げて新人王のタイトルを獲得。

1985年(昭和60年)にはシーズン21勝を挙げたが、次の20勝は1989年(平成元年)の斎藤雅樹(巨人)と西本聖(中日)であるため、
佐藤は、昭和最後の20勝投手となった。また、パ・リーグでは2003年斉藤和巳(ダイエー)が20勝を達成するまで18年間現れなかった。
1986年には最優秀防御率のタイトルを獲得し、名実共に阪急の主力投手となった。

1987年には、それまで12年連続で(佐藤の入団前から)開幕投手を務めていた山田に代わり、11年目で初めて開幕投手となった。

山田が引退し、チームがオリックス・ブレーブスを経てオリックス・ブルーウェーブに代わってからも、星野伸之山沖之彦長谷川滋利らと共に先発投手陣として奮闘するが、1993年には故郷奥尻島で地震が発生。オールスターゲームでは故郷のために奮投した。
2年後の1995年には、今度は自身が所属する神戸阪神・淡路大震災が発生。
この年は、8月に40歳11ヶ月でノーヒットノーランを達成するなど活躍し、11年ぶりのリーグ優勝に貢献。(山本昌に更新されるまでは最年長記録だった。)
1996年もベテランとしてチームの精神的支柱となり前年には届かなかった19年ぶりの日本一も達成。
1998年に44歳で現役を引退。同年に引退した1歳年上の落合博満(日本ハム)と共に、昭和20年代生まれで最後の現役選手だった。

関連タグ

阪急ブレーブスオリックス・ブレーブスオリックス・ブルーウェーブ

コメント