ピクシブ百科事典

香月良太

かつきりょうた

読売ジャイアンツに所属する投手。

概要

福岡県出身。柳川高、東芝を経て2003年ドラフト自由獲得枠で大阪近鉄バファローズに指名されて入団。主な同期入団選手は坂克彦
社会人時代は内海哲也森大輔とともに「3羽ガラス」と呼ばれていた。

大阪近鉄時代の2004年は新人王候補と期待されていたが、ケガの影響で1試合登板に終わる。

球団合併に伴う選手分配ドラフトで2005年からはオリックス・バファローズへ移籍。この年に中継ぎでブレイクし、加藤大輔菊地原毅大久保勝信らとともにブルペン陣を支える活躍を見せた。
しかし2006年2007年は制球難で一軍では結果を残せず。2008年に復活し、先発・中継ぎに32試合に登板。4勝負けなしの好成績を収めた。
2009年はセットアッパーとして途中不調に陥りながらもチーム最多の64試合に登板。23ホールドポイントを記録する。
2010年はやや不調ながらも46試合登板。8月には平野佳寿岸田護に代わって抑えも務めた。
2011年はほぼ一軍フル帯同。ショートリリーフの出番が主だったが、防御率は自己最高の2.12をマークしている。
2012年は一転安定感を失い、52試合で防御率5.17と撃ち込まれ不本意なシーズンとなってしまった。オフに東野峻山本和作とのトレードで阿南徹とともに読売ジャイアンツへ移籍した。



人物

・一軍定着した2008年以降、絶対的な安定感こそなものの中継ぎとしてチームを支える屋台骨。いわゆる縁の下の力持ちである。
2010年2011年2年連続でセミが止まる珍記録を打ち立てる。
2ちゃんねるでのアスキーアートはなぜか荒巻スカルチノフ

コメント