ピクシブ百科事典

戸郷翔征

とごうしょうせい

プロ野球・読売巨人軍に所属する投手、画像上。

概要

生年月日2000年4月4日
身長・体重186㎝72㎏
投打右投右打
出身地宮崎県都城市
略歴聖心ウルスラ学園高校(宮崎県延岡市)→読売ジャイアンツ
ポジション投手

右スリークォーターから最速154キロを投げる本格派、変化球もスプリット、カーブ、スライダー。チェンジアップ、カットボールと多彩。
延岡・聖心ウルスラ学園高校に進学後、2年時にエースとなるが、宮崎県内では知られた投手であったが、甲子園には出場することなく全国的には無名の存在だった。
が、2018年8月に高校野球日本代表との壮行試合に宮崎県代表として出場、日本代表を相手に5回1/3を好投、一躍、注目を浴びることとなった。

その年(2018年)に行われたドラフト会議で読売ジャイアンツに6位指名され入団、背番号は「68」に決まった。

2019年シーズンは2軍で11試合に登板、8試合に先発し4勝1敗の成績を残していたが、セ・リーグ優勝を決める9月21日の横浜DeNAベイスターズ戦にプロ入り初先発、勝敗はつかなかったが4回2/3を2点に抑える好投を見せた。
そして、長年、チームを支えた阿部慎之助選手が引退を表明した東京ドーム公式戦・最終戦である9月27日のDeNA戦に5回から登板、4イニングを無得点に抑えプロ入り初勝利を達成した。

しかし、その後に行われた阪神タイガースとのCSファイナル第3戦では、先発としてマウンドに上がるも、3回表にて梅野隆太郎から先制打となるソロホームランを浴びて同回で降板したため、勝ち星はつかなかった。
更には同年度日本シリーズ・第3戦にて、3番手の中継ぎ投手として4回表よりマウンドに上がり、松田宣浩から三振を取るも、続く内川聖一から安打を浴び、甲斐拓也を四球で歩かせ、続くリック・バンデンハークの内野バントの処理に失敗して、一死満塁のピンチを作ってしまう。結局は、続く代打・長谷川勇也の犠牲フライを浴び、続く柳田悠岐にも押し出し四球を与え、アルフレド・デスパイネにもタイムリーヒットを浴び、この回で一挙に4点を失ってしまう。
この回は結局3つめのアウトを取れないまま無念の降板、同試合の敗戦投手になり、戸郷にとって非常に苦い日本シリーズデビュー戦となった。
この年オフ、背番号を「13」に変更することを発表。

2020年6月23日、高卒2年目の巨人投手として1987年桑田真澄以来4人目となる開幕ローテンション入り先発勝利投手

関連タグ

プロ野球 読売ジャイアンツ

関連記事

親記事

読売ジャイアンツ よみうりじゃいあんつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戸郷翔征」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451

コメント