ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

CV:落合弘治


身長198cm / 体重105kg

メジャーの速球投手。右足を高く上げる独特のフォームから速球を繰り出す超一流のサウスポー。本田吾郎の父である本田茂治に死球を投げて死なせてしまい、その贖罪として、東京シャイアンズとの契約を延長して日本に残ることになる。本田吾郎茂野吾郎)にとって亡き父に代わり目標と出来る唯一の人物となる。

茂治の訃報を聞いた際は彼の身内以外で真っ先に茂治のが眠る病室へと赴き亡きライバルの顔を確認した後でその場を立ち去る(この行動は周りからも「心から懺悔してなければ真っ先に来るなんてできない」と誠意の証として受け止められた)。この時、幼い吾郎から「おとさんを返せ」と悲しみと怒りをぶつけられるも静かに「Sorry、Boy…」と申し訳なさそうに謝罪している。茂治の死後は来日当初の傲慢な態度は成りを潜め人間的にも大きく成長。茂治を死なせてしまった贖罪から、40歳を超えてもなお現役として活躍。周りから多くの尊敬を集める人物となる。しかしワールドシリーズで心臓の病気を起こし監督からも交代するよう言われるも勝つ気がないチームを奮起させるためボロボロの身体にムチを打って投げ続けるも日本戦で折れたバットが心臓に当って倒れてしまい9回途中で降板。ワールドカップ後はメジャーのシカゴバイソンズで投げるも病み上がりのため負け投手になり続けてたため1度バイソンズ配下のマイナーに戻って体を鍛え続け、ワールドシリーズで息子のJrと親子対決に敗北。その後は負けの先行が続いたことで現役を引退。

現役引退後は、レイダーズの監督としてギブソンJrと共に吾郎と佐藤寿也のコンビとワールドシリーズで対戦をしている。

関連タグ編集

MAJOR メジャー

ジョー・ギブソンJr

ダークヒーロー

ターニングポイント

関連記事

親記事

MAJOR めじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10318

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました