ピクシブ百科事典

目次[非表示]

1964年1月1日生まれ。本名は大西 秀明(おおにし ひであき)。名前の由来は豊臣秀吉から「秀」と元日に産まれたことから明けましておめでとうの「明」を組み合わせたもの。

概要

いじめられっ子→吉本の天然芸人→画家という奇跡的なスキルアップを成し遂げた男である。

彼がお笑い芸人として知名度をあげたのは、明石家さんまの功績が大きい。
吉本興業に入った当初はさんまの勧めでぼんちおさむの弟子に入ったものの、放送禁止用語を叫ぶなどの問題行動を起こしたため仕事を干されそうになる。それをさんまが彼を運転手として雇うことで救い、テレビで使えるようになるまで育て上げた。これによりジミーはさんまを慕うようになり、つきまとうようになった逸話がある。

また、萩本欽一が「あのボケを狙ってやってるなら彼はチャップリン以来の天才喜劇役者だ」と関心を示し、一度二人だけで会談をしたことがある。会談後、萩本は「天然だったね・・・」とこぼし、この一件から「天然ボケ」という造語が生まれたとされている。

お笑い芸人から画家として…

「EXテレビ」(読売テレビ)の中で放送された芸能人の書いた作品をオークションする企画の中で、出品した芸能人の中で最も高い評価を獲得。その模様をかの岡本太郎がたまたま視聴しており、そこから交流が始まったのが画家としての転機となった。現在は画家をメインに活動しており1993年に初めて自身の個展を開催。主に動物などをテーマとしたシュールな画風と鮮やかな色彩感覚で画家として注目され、脚光を浴びた。

裸の大将の山下清とよく比較されるが、彼とは違い芸風が天然なだけであって知的障害ではない。数々の失敗談や独特の言動などから「高機能広汎性発達障害ではないか(周囲の証言から学習障害の可能性が高い)」とも言われているが、公言はされていない。
むしろ、さんまのフリに条件反射で即座に反応するリアクションは芸人として優秀な才能を持っていると言えるであろう。
岡本太郎から「紫の絵の具一本」を貰ったらしいが何故それをくれたのかは今でもわからないという。ただ、紫色は絵画での使い方が実は難しい部類の色に入っているらしい。

学業成績は散々で、自動車免許を取るにしても本来ならば2週間で免許が取れる合宿制の自動車教習所に通ったにもかかわらず、免許を取るまで半年もかかったが、テレビ番組の企画で自民党の衆参国会議員の名前を全員暗記することに成功するなど、意外な才能を持つ一面も見せている。

ちなみに既婚者である(当時マネージャーをしていた女性と結婚している)。

その他

  • 異常に嗅覚が鋭く、番組の企画の「たくさん並べられたスリッパの中から女子アナの履いたスリッパを当てる」というゲームで警察犬と対決し見事勝利した。その他、様々な素材から作ったゲテモノスムージーの臭いから材料も完璧に当てている。年末にはダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!笑ってはいけないシリーズの笑いの仕掛け人として「ジミー大西のビデオ」でその才能を生かしたネタでメンバーを笑わせている。
  • 現在は芸能活動を停止しており、加えて親族の要望もあるらしく、ガキ使ぐらいしかテレビに出演してくれないらしい。
  • 某動画サイトでは著作権の関連から視聴自己責任だが、石破茂氏との対談動画が有名。

関連記事

親記事

お笑い おわらい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジミー大西」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5811

コメント