ピクシブ百科事典

RUF・CTR

るーふしーてぃーあーる

RUF・CTRとは、1987年にRUF社がポルシェ930型911をベースに新たに作り上げたスーパーカーである。 CTRとは、(カレラ・ターボ・ルーフ)の略称である。
目次[非表示]

概要

見た目は完全にポルシェだが、全く違う車である(ただポルシェをベースに内装を強化しただけだが)。
駆動RR、馬力469PS、3367cc、5速MTとそれなりに性能は良い。
また、この車は「イエローバード」という愛称があり、由来はアメリカの自動車情報雑誌のRoad&Trackで曇り空に黄色のボディのこのCTRがあまりに対照的だったためそう呼ばれるようになった。

化け物なスピード

1987年に各有名なスーパーカーメーカーのランボルギーニ カウンタックやフェラーリ F40、ポルシェ 959などがフォルクスワーゲンのテストコースでテストされた際に、当時F40がだした323km/hを339km/hに塗り替え、世界にRUFの名を広めた。
また更に翌年、6速の後期型でイタリアのナルド・サーキットという完全円形型テストサーキットでは342km/hを更新の他、ニュルブルクリンクを何度かラップレコードをだしている。

詳しい情報

http://ja.wikipedia.org/wiki/RUF・CTR

関連イラスト

コメント